[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「俺はお前を許さないよ」 鹿島内定の昌平DF津久井、敗戦後も最後まで貫いた主将の姿

第101回全国高校サッカー選手権は2日、浦和駒場スタジアムで3回戦が行われ、第1試合では昌平(埼玉)が前橋育英(群馬)に1-2で敗れた。鹿島アントラーズ加入内定の主将DF津久井佳祐(3年)は試合終了のホイッスルが鳴るとなかなか立ち上がれず。その後ロッカールームでは、後輩たちに「俺はお前を許さないよ」とはっきり伝え、来年度の戦いに向けて奮起を促した。

鹿島アントラーズ加入内定の主将DF津久井佳祐。最後まで主将の役割を全うした【写真:和田秀太郎】
鹿島アントラーズ加入内定の主将DF津久井佳祐。最後まで主将の役割を全うした【写真:和田秀太郎】

昌平が前橋育英に1-2と逆転負け、主将・津久井は立ち上がれず

 第101回全国高校サッカー選手権は2日、浦和駒場スタジアムで3回戦が行われ、第1試合では昌平(埼玉)が前橋育英(群馬)に1-2で敗れた。鹿島アントラーズ加入内定の主将DF津久井佳祐(3年)は試合終了のホイッスルが鳴るとなかなか立ち上がれず。その後ロッカールームでは、後輩たちに「俺はお前を許さないよ」とはっきり伝え、来年度の戦いに向けて奮起を促した。

 前半3分にFC東京加入内定のMF荒井悠汰(3年)のゴールで先制した昌平。しかし10分後に同点に追いつかれると、後半10分には2点目を決められてしまう。その後、決定的なシーンを作った昌平だったが1点が遠く、1-2のまま試合終了の笛が鳴ると、津久井はピッチの上に倒れこんだ。相手MF小池直矢(3年)に声をかけられ、やっと立ち上がると最後に列に並んだ。

 試合後、津久井は敗戦が決まった瞬間の場面について「試合が終わるまでは笑顔で楽しもうと思っていたんですけど。終わった時に悔しさとインターハイの怪我が本当に辛くて。周りには『大丈夫、大丈夫』と言っていたんですけど……」と振り返ると、そこで言葉に詰まった。数秒の間が空き、「それが一気にフラッシュバックして、なかなか立てなかったです」と続けたその目には、涙が浮かんでいた。

 またロッカールームで、後輩たちに「今日はお前らのせいだ。自分たちを踏み台にしていいから、もっと上を目指してくれ」と伝えたと明かした津久井。「1、2年生が相手のプレスにビビって本当にイライラしていた。励ますのも良いかもしれないけど、それじゃアイツらの力にはならないと思うので。『俺はお前を許さないよ』と言いました」と、最後まで主将としての姿を貫いた。

 これで津久井の高校サッカーは幕を閉じたが、戦いの舞台をプロへと移し、すぐに新たな挑戦が始まる。「個人として、今日は1回もやられていない。それを自信にして、レベルは格段に違いますけど、頑張りたいです」と、今後のさらなる活躍を誓った。

(THE ANSWER編集部・和田 秀太郎 / Shutaro Wada)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集