[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

湘南内定のエース鈴木が技あり決勝弾! 阪南大高、夏冬連続の全国出場へ“あと2つ”

見事としか言いようのないゴールで、エースがチームを勝利に導いた。第100回全国高校サッカー選手権の大阪府大会は、10月31日に準々決勝第2日が行われ、第1試合では阪南大高が1-0で金光大阪を破り、ベスト4入りを果たした。ゴールを奪ったのは、来季の湘南ベルマーレ加入が内定しているFW鈴木章人(3年)だった。

ゴールを決めた阪南大高の鈴木章人(左から3人目)【写真:平野貴也】
ゴールを決めた阪南大高の鈴木章人(左から3人目)【写真:平野貴也】

高校選手権の大阪府大会、阪南大高が1-0で金光大阪に勝利し4強進出

 見事としか言いようのないゴールで、エースがチームを勝利に導いた。第100回全国高校サッカー選手権の大阪府大会は、10月31日に準々決勝第2日が行われ、第1試合では阪南大高が1-0で金光大阪を破り、ベスト4入りを果たした。ゴールを奪ったのは、来季の湘南ベルマーレ加入が内定しているFW鈴木章人(3年)だった。

 後半28分、左サイドの味方を使ってパスをもらい直すと、ファーストタッチでターンを仕掛けて相手からボールを隠しながら前を向く。ボールが離れる瞬間を狙った相手がスライディングで奪いに来たが、ピタッと足下に止めてかわし右足でシュート。プロ内定選手らしく、技ありの一撃で違いを見せつけて勝利を呼び込んだ。

 しかし、濱田豪監督は「こういうところで仕事ができるのが、中心選手」と評価しながらも「中盤の選手がみんな犠牲になって、相手の良さを消しに行った試合。2トップは、ゴールを決めるのが仕事。もうちょっとやってほしい」と注文を付けた。試合内容全体を振り返れば、ことごとくチャンスを決め切れずに苦しんだゲームだったからだ。

 序盤は、金光大阪のFW小松勇輝(3年)の高さやスピードに手を焼いたが、地力に勝る阪南大高が徐々に試合のペースを掌握。前半23分には、濱田監督が「(鈴木)章人以上に外せない」と評価するMF櫻井文陽(3年)がポスト直撃の直接FKを放つなど攻勢に出た。互いにロングパスが多いなか、機動力と技術を兼ね備える櫻井がセカンドボールを回収。精度の高いパスで相手より好機を作る源泉となったが、何度も訪れたチャンスを生かし切れなかった。前半25分、左DF保田成琉(2年)がシュート性のクロスを送り、鈴木が飛び込んだがわずかに合わず。前半34分にはFW石川己純(3年)の突破からラストパスを受けた鈴木がシュートを放ったが、ゴールの枠を外れ、無得点のまま試合を折り返した。

 後半も17分にコーナーキックから保田が放ったヘディングシュートがポストに跳ね返ってGKにセーブされるなど、決め切れない展開が続いた。後半20分には金光大阪がMF西岡悠のロングスローから初めてチャンスを作り出し、途中出場のFW光安涼太(2年)がシュート。試合の流れが変わるかと思われた。金光大阪は、この流れを逃すまいと長身FWモヨルゾーロ琢磨(2年)を投入して1トップから2トップに変えて反撃体勢に入った。阪南大高の鈴木のゴールが生まれたのは、その直後。相手に傾きかけた試合の流れを引き戻した。その後は、DF櫻本亜衣万(3年)が高さのある相手2トップとの空中戦に勝つなど、きっちりと要所を締めてシャットアウト。1-0でしっかりと試合を勝ち切った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集