[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

岐阜各務野が25度目V、決勝行われずも2年ぶり舞台に感謝「当たり前が当たり前じゃない」

18日、全国高校総体(インターハイ)ホッケー競技女子は最終日を迎え、岐阜各務野(岐阜)が伊吹(滋賀)に7-0で勝利し、8年ぶり25度目の優勝を飾った。ホッケー競技は大雨の影響で日程が延び、決勝が行われないため、準決勝で勝った岐阜各務野と石動(富山)の両校優勝となった。

全国高校総体ホッケー競技女子で8年ぶり25度目の優勝を飾った岐阜各務野【写真:山田智子】
全国高校総体ホッケー競技女子で8年ぶり25度目の優勝を飾った岐阜各務野【写真:山田智子】

全国高校総体・ホッケー女子、日程伸びた影響で石動と両校優勝

 18日、全国高校総体(インターハイ)ホッケー競技女子は最終日を迎え、岐阜各務野(岐阜)が伊吹(滋賀)に7-0で勝利し、8年ぶり25度目の優勝を飾った。ホッケー競技は大雨の影響で日程が延び、決勝が行われないため、準決勝で勝った岐阜各務野と石動(富山)の両校優勝となった。

 4得点と躍動したエースがチームを優勝に導いた。立ち上がりこそ、伊吹の勢いに押されたが、第1Q(クオーター)、5分、佐々木里紗がサークル内の混戦からこぼれ球を押し込んで先制点を挙げる。さらに10分、長尾監督が「6枚目のFWという形でどんどん攻撃に参加するよう、ディフェンシブではなく攻撃的なMFとしての役割を与えている」という大塚みなみが右サイドを巧みなドリブルで切り裂いてシュート。そのリバウンドを佐々木が倒れ込みながら押し込んで突き放した。

「昨日(丹生戦)の集中力からまた立て直すのは難しいよと(長尾美和)先生からも言われていて、(最初は)流れをつかむのが厳しかったんですけど、チャンスをFWの3年生が決め切ってくれた。3年生の優勝に対するこだわりが強かったんだと思います」

 試合後そう振り返ったキャプテンの山藏百音が、3点目をねじ込む。2Q、22分、ペナルティコーナー(PC)を獲得すると、「もしかしてこぼれてくるかもしれない」と狙っていたリバウンドを落ち着いてゴールに流し込んだ。

 28分には遠藤未彩のシュートに佐々木が合わせて4点目。後半も攻め手を緩めず、松波芽衣、平光杏衣、佐々木が加点し、7-0で快勝した。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集