[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大阪桐蔭、ルーキーDF尾崎凱琉が殊勲弾 予選出場無しも指揮官は潜在能力に太鼓判

開始早々に会心の一撃。見事にゴールを奪ったのは、ルーキーだった。全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は15日に第2日を行い、大阪桐蔭は2-0で帝京第三(山梨)を破って2回戦に進出した。

先制弾を決め喜ぶ1年生・尾崎【写真:平野貴也】
先制弾を決め喜ぶ1年生・尾崎【写真:平野貴也】

高校総体サッカー男子、2-0で帝京第三を撃破

 開始早々に会心の一撃。見事にゴールを奪ったのは、ルーキーだった。全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は15日に第2日を行い、大阪桐蔭は2-0で帝京第三(山梨)を破って2回戦に進出した。

 風下からロングボールを蹴っていく帝京第三がやや押し込んだ前半の15分、右サイドで得たFKをMF田中俊真(3年)が左足で蹴ると、DF尾崎凱琉(1年)がヘディングで合わせてゴール。大きな先制点で試合の流れを呼び込んだ。

「蹴る瞬間に爆発的に(動いて)マークを外したら、付いてこなかった。あとは、キッカーから良いボールが来たのでそらすだけでした」と喜んだ尾崎は、大阪府予選には出場しておらず、自身初のインターハイでいきなり得点を挙げ、無失点勝利にも貢献。試合終盤には、前線でも起用されるなどポテンシャルの高さを示した。まだがっしりとした体格とは言えないが身長183センチとサイズは十分で、スピードが武器。屈強なストライカーと対峙する。

 大阪桐蔭のユニフォームを着て全国大会で活躍することは、小学校時代からの目標だった。2017年度の第96回全国高校サッカー選手権で大阪桐蔭は、全国ベスト16。評判に比べると早い敗退だったが、プリンスリーグ関西で首位を独走して優勝するなど全国大会の上位候補に名が挙がる好チームだった。

 尾崎は、当時小学6年生。大阪桐蔭がチーム全員でハードワークをしている姿を見て、自分もここでプレーしたいと考えた。地元のクラブである豊橋デューミランのジュニアユースに進んだときには、このクラブと大阪桐蔭高でスタッフ間の交流があることは知っていて、大阪桐蔭へ進むことを念頭に入れていたという。

 豊橋デューミランから大阪桐蔭へ進んだ代表的な選手が、日本代表でプレーした経歴を持つDF三浦弦太(G大阪)。同じポジションの先輩は、尾崎にとって憧れの存在だ。三浦も指導していた大阪桐蔭の永野悦次郎監督は「まだ経験不足なので、判断はおっとりしているけど、身体能力が高くて、足が速い。判断力が伴えば楽しみ。三浦が1年の時に比べると、数段レベルが高い。今日は、良かったですね」と尾崎の潜在能力を高く評価。全国大会を経験し、さらに飛躍することが期待されている。

 もちろん、まだ高校サッカー界に足を踏み入れたばかりで、足りない部分もある。尾崎は「まだ、周りを激励したり、コーチングをしたりできるようになりたいですし、相手に怖がられるような選手になりたいです」と課題を挙げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集