[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

挑戦すら叶わなかった1年前 高校3冠をあきらめない女子ホッケー部の夏「先輩に金メダルを」

右上が河田真緒さん、左下は佐々木里紗さん【写真:黒川真衣,山田智子】
右上が河田真緒さん、左下は佐々木里紗さん【写真:黒川真衣,山田智子】

「先輩に金メダルを掛けたい」

 特に河田には思いを託したい後輩がいる。選抜大会の決勝で2ゴールを挙げて優勝の立役者になったエース・佐々木里紗(3年)だ。

 岐阜各務野には先輩と後輩が“ペア”になって、競技、生活面のサポートしあう伝統がある。河田と佐々木はその“ペア”の相手。一緒に食事に行ったり、遊びに行ったりと、学校外でも仲がいい。

「下の学年がペアの先輩を選ぶんですけど、中学3年の時に各務野の練習に参加させてもらうことがあって、その時に河田先輩が優しく声を掛けてくれた。しゃべっていても楽しいし、入部した時から『河田先輩がいい!』って狙いにいきました」(佐々木)

 同じFWのポジションの2人は、プレーについてもよく話をした。佐々木が得点を取れない不調に陥った時期。「サラ(佐々木のコートネーム)ならできるよ」と河田は前向きな声を掛け続けた。ストライカーは1点取れれば波に乗れる。「あきらめずに、何度も挑戦すること。シュートを打ち続けること」の大切さを河田は佐々木に伝え続けた。

「本当は去年の先輩たちと一緒に勝ちたかったんですけど、今年絶対優勝して、河田先輩にメダルを掛けに行きたいです」。佐々木は真っ直ぐに前を見つめ、力強く宣言する。

「インターハイ優勝 24回、国民体育大会 優勝30回、全国選抜大会 優勝19回

 1963年創部 岐阜各務野高等学校ホッケー部」

 練習拠点としている川崎重工ホッケースタジアムの入口には、“73個の星”が誇らしげに輝いている。

 前身の岐阜女子商業から数え、インターハイ優勝24回は歴代最多。岐阜県高校総体では58連覇を達成している。選手が入れ替わる難しさを抱える学生スポーツにあって、長い間トップを走り続けられるのはなぜなのか。

「この環境と伝統ですね」

 同校のOGでもある長尾美和監督の言葉に熱が帯びる。

 川崎重工ホッケースタジアムは、ホッケー日本代表チームのナショナルトレーニングセンターとしても利用されている。スプリンクラーを備えたブルーの人工芝は、東京オリンピックと同じ仕様だ。これほど充実した施設を使える高校生はほとんどいないだろう。

 しかし、長尾監督が言う「環境」とはハード面だけを意味するのではない。川崎重工ホッケースタジアムにはコートが3面あり、小学生から、中・高・大学生、日本リーグの強豪・ソニーHC BRAVIA Ladiesがかわるがわる使用している。トップ選手のプレーを毎日のように体感できる環境が、自ずと選手の成長を促していくのだ。

 岐阜各務野から東海学院大を経由してソニーHCへ進み、やがて日の丸を担う。岐阜のホッケー少女たちの夢だ。

「小学生の時から、隣で練習をしている各務野高校に憧れがありました。私も各務野に入って、全国大会に行きたいと思っていました」

 そう口を揃えるのは、佐々木、山藏百音、松波芽依、大塚みなみ(3年)の4人。各務原市ホッケースポーツ少年団の同期で、小学6年次に全国スポーツ少年団ホッケー交流大会で優勝をした実績を持つ。さらに同じ稲羽中学校に進んだ山藏、松波、大塚は、中学でも全国大会も制している。

 小中高通して日本一になった選手は、ホッケー王国・岐阜でも先例がない。今年のチームには「3冠」に加え、小中高「完全制覇」も懸かっている。

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集