[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • ユースでの弱みが高校での強みに 流経大柏MFが明かす高校サッカー「無茶」な特権

ユースでの弱みが高校での強みに 流経大柏MFが明かす高校サッカー「無茶」な特権

その瞬間、フクダ電子アリーナにはどよめきが巻き起こった。発端は、背番号「10」を身につける、身長160センチの“小さな巨人”だった。

流通経済大柏のMF菊池泰智【写真:編集部】
流通経済大柏のMF菊池泰智【写真:編集部】

流通経大柏が大分西に3-0快勝、エース菊池は2得点と大車輪の活躍

 その瞬間、フクダ電子アリーナにはどよめきが巻き起こった。発端は、背番号「10」を身につける、身長160センチの“小さな巨人”だった。

 第96回全国高校サッカー選手権は2日、各地で2回戦が行われ、インターハイ王者の流通経済大柏(千葉)は大分西(大分)に3-0で大勝を収めた。MF菊池泰智(3年)は2得点を記録。エースナンバーにふさわしい活躍を披露してみせた。

 スコアが動いたのは試合開始わずか3分。ピッチ中央でボールを受けた菊池は右足の巧みなファーストタッチで相手DFを瞬時にかわすと、30メートルはあろう距離からワンステップで圧巻のミドルシュート。ゴール左に突き刺さり、度肝を抜く一振りで流通経大柏に先制点をもたらした。

 後半4分には、右サイドからこちらも強烈なミドルシュートを叩き込み、計2得点。この活躍には名将・本田裕一郎監督も「菊池はなんでもできて、どこのポジションで出しても何かを起こせる選手」と舌を巻いた。

 菊池本人は鮮烈な先制点の場面を「打とうと思っていた時には、すでに打っていた」と感覚的なゴールであったことを振り返った。一方で、彼の持ち味はそれだけではない。とにかく前線からのハイプレスが激しい“ファースト・ディフェンダー”ぶりも目を見張るものがある。

 そんな天才と汗かき屋の両面を揃える菊池だが、中学1年生の時に浦和レッズのジュニアユースへ入団したものの、昇格は叶わず、流通経大柏への進学を決めた背景があった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー