[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

耳を疑った“緊急コンバート”から決勝点 矢板中央・小川がFWで途中起用された理由

第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われ、駒沢陸上競技場では4年連続11度目の出場となった矢板中央(栃木)が富山第一(富山)に2-0で勝利。2年連続の4強入りを決めた。決勝点を奪ったのは、本職は左SHながらFWで途中起用された小川心(3年)。高橋健二監督が決断した“緊急コンバート”で結果を残した小川は「出されたからには点を決めると思っていた」と胸を張った。

決勝点を奪いガッツポーズする矢板中央・小川(右から2人目)【写真:城福達也】
決勝点を奪いガッツポーズする矢板中央・小川(右から2人目)【写真:城福達也】

高校サッカー選手権、矢板中央は富山第一を下して準決勝進出

 第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われ、駒沢陸上競技場では4年連続11度目の出場となった矢板中央(栃木)が富山第一(富山)に2-0で勝利。2年連続の4強入りを決めた。決勝点を奪ったのは、本職は左SHながらFWで途中起用された小川心(3年)。高橋健二監督が決断した“緊急コンバート”で結果を残した小川は「出されたからには点を決めると思っていた」と胸を張った。

 背番号8は一瞬、耳を疑った。前半終了間際、小川は交代出場のため高橋監督に呼ばれた。かけられた言葉は「FWで行くぞ、点を取ってこい」。左SHで途中出場することがほとんどだっただけに、驚いたがすぐに気持ちを切り替えた。「出されたからには点を決めると思っていた。ちょっと燃えました」。後半9分に左足で得点。見事に指揮官の期待に応えた。

 大一番で、小川をFWで起用した理由はなんなのか。高橋監督は試合後のオンライン会見でその意図を明かした。連戦の影響で足が止まり、劣勢が続いたゲーム展開の「活性化を図ろう」としたという。

「(小川は)ドリブルも得意だし、アイデアを持っているドリブラー。今日はFWが跳ね返されていたので、前半劣勢で流れを変えるためにコンバートして使った。いい飛び出しの中から点を決めてくれた。FWの方がいいのかなというくらい結果を出してくれた」

 FWで起用されることが全くなかったわけではないが、本職とは違うポジションで大仕事をやってのけた小川。得点後はガッツポーズも飛び出した。「何も考えられず、ドリブルとかも感覚でやっていた。気付いたらゴールが決まっていたという感じ。ガッツポーズは嬉しくて出ちゃいました」。9日の準決勝では青森山田と対戦。小川が生んだ勢いに乗り、矢板中央が初の決勝進出を狙う。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集