[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

矢板中央、2-0完封で2年連続4強 “堅守対決”で富山第一撃破 途中出場MF小川が決勝点

第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われ、駒沢陸上競技場では4年連続11度目の出場となった矢板中央(栃木)が富山第一(富山)に2-0で勝利。2年連続の4強入りを決めた。

勝利した矢板中央の選手たち【写真:城福達也】
勝利した矢板中央の選手たち【写真:城福達也】

第99回全国高校サッカー選手権・準々決勝

 第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われ、駒沢陸上競技場では4年連続11度目の出場となった矢板中央(栃木)が富山第一(富山)に2-0で勝利。2年連続の4強入りを決めた。

 県大会決勝から3戦連続でPK戦をものにしている矢板中央と、予選からここまでわずか1失点の富山第一。堅守を特徴とする両チームの対戦は前半12分過ぎ、富山第一のFW吉倉昇空(3年)がエリア内からシュートを放つも、矢板中央の2年生GK藤井陽登が両手でセーブ。対する矢板中央もCKや敵陣深くからのロングスローなどで仕掛けるも、得点には至らず。前半は0-0で折り返した。

 試合が動いたのは後半9分、後方からのロングボールに反応した矢板中央MF小川心(3年)がゴール前に抜け出し、相手DFに競り勝って左足で得点。前半終了間際からの途中出場で先制点をもたらした。25分にはロングスローからゴール前で混戦となったところ、矢板中央DF新倉礼偉(3年)が右足でネットを揺らし、リードを2点に広げた。

 試合はそのまま終了。矢板中央が9日に開催予定の準決勝へコマを進めた。同校は初の決勝進出を懸け、この後行われる青森山田(青森)―堀越(東京A)の勝者と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集