[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全国V経験の敵将が「戸惑った」 日本文理大付FW垣内、敗戦で得た「空中戦の自信」とは

第99回全国高校サッカー選手権は2日、首都圏8会場で2回戦が行われ、等々力陸上競技場では初出場の日本文理大付(大分)が強豪・富山第一(富山)に1-2で敗れた。選手権1勝は逃したが、主将でエースのFW垣内太陽(3年)はPKで得点。全国V経験のある富山第一に実力を警戒された“大分の点取り屋”は「大学でまた輝いて、プロになれたら」と将来を見据えた。

日本文理大付・垣内太陽【写真:河合拓】
日本文理大付・垣内太陽【写真:河合拓】

第99回全国高校サッカー選手権2回戦

 第99回全国高校サッカー選手権は2日、首都圏8会場で2回戦が行われ、等々力陸上競技場では初出場の日本文理大付(大分)が強豪・富山第一(富山)に1-2で敗れた。選手権1勝は逃したが、主将でエースのFW垣内太陽(3年)はPKで得点。全国V経験のある富山第一に実力を警戒された“大分の点取り屋”は「大学でまた輝いて、プロになれたら」と将来を見据えた。

 選手権初出場で勝利はならなかった。試合後のオンライン会見。垣内は「悔しいというのが一番。まだまだやれたなという感覚もある」と語った。2点を追う前半30分にPKで得点するも、自身が放ったシュートは計3本。「(相手が)自分たちの想像を超えていたので、慣れるところに時間がかかったかなと思う」と富山第一の堅守に苦しんだ。

 県予選5試合で15得点をマーク。その実力は選手権優勝経験のある名門を驚かせた。2013年度の第92回大会で富山第一を優勝に導いている大塚一朗監督は「思った以上に14番(垣内)のヘディングが強く、戸惑った」と明かし、主将でディフェンスの要のDF孝井捺希(3年)も「相手は14番を中心に攻撃を組み立てていた。リスク管理しながら、攻撃を組み立てていけるように意識した」と最も警戒すべき相手と認識していた。

 身長は178センチと特段高くはないが、度々打点の高いヘディングで相手の脅威となった垣内は「空中戦は勝てる自信しかなかった」と自信も付けた様子。「自分の夢はプロになること。いろいろな経験させてもらったので、自分の足りないところなどを磨いて、大学でまた輝いてプロになれたら」。選手権初勝利の夢は後輩に託し、次なるステージに進む。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集