[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑、悪天候お構いなしの今季7勝目に欧州メディア称賛「コバヤシ、風にも負けず」

スキージャンプのワールドカップ(W杯)は29日、ドイツ・ヴィリンゲンで男子個人第18戦が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が優勝を飾り、総合首位に再浮上した。1本目で145メートルをマークし、115.6点を獲得。悪天候により2本目が実施されず、今季7勝目、通算26勝目を手にした。地元のドイツメディアは「風にも負けず」などと称賛している。

今季7勝目を挙げてW杯総合首位に返り咲いた小林陵侑【写真:Getty Images】
今季7勝目を挙げてW杯総合首位に返り咲いた小林陵侑【写真:Getty Images】

悪天候で2本目なし、総合首位に再浮上「カオスのビリンゲン大会、日本選手が優勝」

 スキージャンプのワールドカップ(W杯)は29日、ドイツ・ヴィリンゲンで男子個人第18戦が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が優勝を飾り、総合首位に再浮上した。1本目で145メートルをマークし、115.6点を獲得。悪天候により2本目が実施されず、今季7勝目、通算26勝目を手にした。地元のドイツメディアは「風にも負けず」などと称賛している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ドイツのスポーツ専門誌「キッカー」は「ビリンゲンでコバヤシが反撃―ガイガーは沈む」との見出しで報道。19位に終わった地元のカール・カイガー(ドイツ)に対し、小林について「リョウユウ・コバヤシが勝利して総合トップの座を奪い返した」と報じた。

「コバヤシ、風にも負けず―ガイガーとアイゼンビヒラーは失速」と伝えたのはドイツ誌「デア・シュピーゲル」。記事内では「風に大きく左右されたビリンゲン大会でリョウユウ・コバヤシが優勝。ガイガーからイエロービブ(W杯総合首位の選手が着用するゼッケン)を取り返した」と悪天候をものともせず、勝ち切ったことを称賛した。

 オーストリア一般紙「クーリア」は「カオスのビリンゲン大会、日本選手が優勝」と報じ、小林のジャンプ写真に「リョウユウ・コバヤシは風をものともせず」と言及した。

 北京五輪開幕前、最後の週末を白星でスタートした小林。30日の第19戦も勝って五輪に弾みをつけられるか。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集