[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本が終了目前に獲り切った4トライ目の意味 廣瀬俊朗「選手たちの強い意志感じた」

元日本代表主将の廣瀬俊朗氏【写真:松橋晶子】
元日本代表主将の廣瀬俊朗氏【写真:松橋晶子】

引き分け以上で突破も「あくまで勝ちに行くというマインドセットで」

 日本のマン・オブ・ザ・マッチを1人挙げるならば、非常に難しい選択ですが、ラブスカフニ選手を選びます。ゲームキャプテンとしてプレーし、ボールによく絡んでいましたし、タックルも良かった。素晴らしい運動力で動き続けていました。田村選手もプレースキックは良かったですね。

 ここからはスコットランド戦へ向けての準備です。まずはメンタル的なもの、マインドセットが大事になります。引き分けでも決勝トーナメントには進めますが、あくまで勝ちに行くというマインドセットで。あまり余計なことを考える必要はありません。

 技術的なところでは、キックオフのレシーブ、自陣から脱出する際のキック。この2点は修正したい。スコットランドにはサモア以上にいい選手が揃っています。簡単にボールを上げると素晴らしいアタックを仕掛けてきます。

 私自身も悲願を期待しています。ここでスコットランドと当たるのも何かの因縁かもしれません。4年前も南アフリカに勝った後に、10-45で負けています。いつもやられてきた相手(通算1勝10敗)なんです。そこのリベンジというものもあります。スコットランドはロシアと対戦してから中3日で日本と対戦することになりますが、影響は大きくないでしょう。勝ち点上では有利ですが、今まで日本が作り上げてきたラグビーを貫いてほしいと思っています。

 その先には、これまで見えなかった世界が待っています。こんなにワクワクすることはありません。日本のファンと共にそこに飛び込む。その喜びは計り知れない。僕は自分できることで一生懸命サポートしようと思います。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集