[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

職場を懸けた女子ゴルフのシード争い 佳境の今、当落線上の選手がすべき「開き直り」

パターイップスに悩んだ北田、シード選手に復帰できた理由

 05年の終盤5試合、北田は10月の富士通レディースから4試合連続で予選落ちだったが、自身の最終戦となった大王製紙レディースは16位に入った。賞金ランクは60位。シード落ちはしたものの、最終QTは上位で突破し、翌06年の出場権を確保した(当時、リランキング制度はなし)。

「今、振り返ると、自分の中で開き直ったことが大きかったですね。パターイップスの状態は続いていましたが、やることはやってきたので、『どこに飛んで行くかはボールに聞いてくれ』『これでダメなら、ゴルフを辞めればいい』とさえ思って会場に入りました。なので、焦る気持ちが消えて結果もついてきました。私は神様が『まだ、ゴルフを続けなさい』と言っていると思い、そのオフも懸命に練習しました」

 だが、シード落ちをし、QTも下位に沈む選手は例年出てくる。今季は30代以上の奮闘も目立つが、出場権を逃したことをきっかけに、ベテランがツアーから離れていく現実もある。

「長くプロの第一線で頑張ってきたベテランは、いろんな経験をしています。なので、この時期になっても意外と焦ってなく、QTでも結果を出せたりもします。ダメなら仕方ないことですし、そこからゴルフとの新しい向き合い方もできます。試合を重ねて蓄積された心身の疲労をリフレッシュし、プライベートな時間を充実させることも、長い人生では大切なことですから」

 今、北田は子育てをしながら、解説、リポーター、レッスンなどでゴルフに携わっている。ルーキーの頃から「お手本」にしてきた元賞金女王の不動裕理とは、食事をする関係にもなったという。

「地味な練習をコツコツ続ける姿を見ては、『トップにいる人がこんなにも』と思っていました。試合になると、不動さんはぶつぶつと独り言を口にしていましたが、私は話しかける勇気もありませんでした。ですが、時を経て食事をしながら、初めて『ラウンド中、何を話しているんですか』と聞いてみると、不動さんは『ボールとクラブと会話をしている』と答えてくれました。

 それだけ、プレーに集中できているということです。今の選手にとっても、学ぶべきところの多い先輩。私もあらためてそのすごさを知りましたし、話せるようになって良かったなと思います」

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2

北田 瑠衣

THE ANSWERスペシャリスト プロゴルファー

1981年12月25日生まれ。福岡市出身。10歳でゴルフを始め、沖学園高(福岡)時代にナショナルチーム入り。02年のプロテストで一発合格し、03年プロデビュー。04年はニチレイカップワールドレディスでツアー初優勝し、年間3勝で賞金ランク3位。05年、宮里藍とペアを組んだ第1回女子W杯(南アフリカ)で初代女王に。06年から10年連続でシード権を保持した。男女ツアーで活躍する佐藤賢和キャディーと17年に結婚し、2児のママとして子育てに奮闘中。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集