[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

岩渕真奈&長谷川唯は「すごく高いレベル」 W杯へ、永里亜紗乃が評価した日本の武器

2022 AFC女子アジアカップに参戦中のサッカー女子日本代表が30日、タイとの準々決勝に臨み、菅澤優衣香の4ゴールを含む大量7ゴールを奪って勝利。来年開催される女子ワールドカップの出場権を獲得した。元日本代表FWで2015年ワールドカップ(W杯)カナダ大会準優勝メンバーの解説者・永里亜紗乃さんはタイ戦をどう見たのか、解説してもらった。

菅澤優衣香(右)の4得点などでタイに快勝したなでしこジャパン【写真:AP】
菅澤優衣香(右)の4得点などでタイに快勝したなでしこジャパン【写真:AP】

ようやくスムーズに回り出したなでしこジャパン

 2022 AFC女子アジアカップに参戦中のサッカー女子日本代表が30日、タイとの準々決勝に臨み、菅澤優衣香の4ゴールを含む大量7ゴールを奪って勝利。来年開催される女子ワールドカップの出場権を獲得した。元日本代表FWで2015年ワールドカップ(W杯)カナダ大会準優勝メンバーの解説者・永里亜紗乃さんはタイ戦をどう見たのか、解説してもらった。

 ◇ ◇ ◇

 試合後のスタッツが示すとおり、日本がタイを圧倒した試合でした。7-0という大差での勝利でしたが、決定機の数を考えるともっとたくさんの得点が入ってもおかしくない展開だったと思います。

 日本が攻守において素晴らしかったのは間違いありません。相手に何もさせなかったのは単純な力の差だけでなく、日本が本当の意味でのチームになってきたからでしょう。選手同士の会話が増えてきた印象もありますし、ピッチ外でコミュニケーションを密に取れるようになってきたことがピッチ内に好影響をもたらしているのでしょう。

 グループリーグの3試合は格下相手に日本の強さを見せられたとは言えない内容でしたが、タイ戦は実力差通りのゲームができました。同じ準々決勝で優勝候補のオーストラリアが韓国に敗れてしまったという番狂わせもありましたし、勝つべき試合にしっかりと勝ったことは一つの収穫です。

 この試合が今大会初出場となった岩渕真奈選手は、ディフェンスラインの背後を狙う動き出しで攻撃の起点になりました。FWのプレーヤーがそういったランニングを繰り返してくれると、2列目やボランチの選手は空いたスペースへ入っていきやすくなる。得点こそありませんでしたが、中心選手として攻撃のアクセントになってくれました。

 その岩渕選手と相性の良さを見せたのが、この試合では右サイドハーフの位置に入っていた長谷川唯選手です。前線でアグレッシブに動き出せる岩渕選手と、その動きに合わせてプレーを選択できる長谷川選手のイメージが合致した時、ものすごく高いレベルでコンビネーションを展開できます。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集