[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国サッカー内紛騒動、渦中の若手MF側が釈明&反論 卓球は「ベテランも一緒にやっていた」

サッカーの韓国代表が大揺れに揺れている。7日に行われたアジアカップの準決勝でヨルダンに敗れる前夜、主将のFWソン・フンミン(トッテナム)とMFイ・ガンイン(パリ・サンジェルマン)ら若手選手との間でいざこざがあり、この過程でソン・フンミンが右手指を負傷したと報じられ大問題となった。ただイ・ガンイン側は謝罪の意を示す一方で、15日になって「報道は事実と違う部分がある」と反論している。

韓国のイ・ガンイン【写真:ロイター】
韓国のイ・ガンイン【写真:ロイター】

イ・ガンインが謝罪の一方で代理人が声明「内容を正したい」

 サッカーの韓国代表が大揺れに揺れている。7日に行われたアジアカップの準決勝でヨルダンに敗れる前夜、主将のFWソン・フンミン(トッテナム)とMFイ・ガンイン(パリ・サンジェルマン)ら若手選手との間でいざこざがあり、この過程でソン・フンミンが右手指を負傷したと報じられ大問題となった。ただイ・ガンイン側は謝罪の意を示す一方で、15日になって「報道は事実と違う部分がある」と反論している。


【注目】「運動すると胸って垂れる?」「もめば大きくなるって本当?」 バストにまつわる“あるある”なウワサ話に答えます(W-ANS ACADEMYへ)

「東亜日報」など韓国の複数メディアが伝えている。記事によるとイ・ガンインの法定代理人を務めるキム・ガラム弁護士が15日に声明を発表。「メディア報道中の事実と異なる内容が、まるで事実であるかのように再生産されている」とし「事実ではない内容を正したい」と主張した。

 報道は、ヨルダンとの準決勝前日の夕食の席で、食事を終えたイ・ガンインが卓球に行こうとするのを、食事を選手の団結の場としたかったソン・フンミンがとがめていざこざに発展。その過程でソン・フンミンが負傷したという内容だ。

 声明は「ソン・フンミンに首を捕まれたイ・ガンインが、ソン・フンミンの顔を拳で殴ったという報道は事実と違う」「イ・ガンインが卓球をした時はベテラン選手も一緒にやっていたし、卓球自体はその前からいつもやっていたものだ」と主張している。

 さらに「イ・ガンインは自分の過ちを深く悔やみ、反省している」「多くのサッカーファンに心配をかけた点について、もう一度お詫び申し上げる」と続けている。イ・ガンインは14日の夜になって、自身のインスタグラムのストーリー機能を使い「私が先頭に立って兄(目上の選手の意)の言葉に良く従わなければならなかったが、サッカーファンに良くない姿を見せることになり申し訳ない」と謝罪の弁をつづっていた。

 この騒動をめぐっては、代表のユルゲン・クリンスマン監督の統率力不足が指摘される問題に発展。15日にソウルで開かれた大韓サッカー協会の戦力強化委員会で「これ以上リーダーシップを発揮するのは難しい。交代が必要」と“更迭勧告”がなされる事態に発展している。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集