[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アジア杯決勝でPK3つ取った中国人主審に母国ファン賛否「3つ目はオフサイド」「国内では判定偏るが…」

サッカーのアジアカップ・カタール大会は10日(日本時間11日)に決勝が行われ、開催国カタールが3-1でヨルダンを下し、2019年大会に続く連覇を達成した。しかし、カタールの得点はすべてPKによるもので、なかには微妙な判定も。一部では開催国びいきと見る向きもあるが、試合を裁いた主審の母国・中国ファンは「3つともたしかにPKだった」「カタールの札束に跪いたんだ」と賛否が分かれている。

3度のPKを決めたカタールのFWアクラム・アフィフ【写真:ロイター】
3度のPKを決めたカタールのFWアクラム・アフィフ【写真:ロイター】

カタール―ヨルダン戦を裁いたのは馬寧主審

 サッカーのアジアカップ・カタール大会は10日(日本時間11日)に決勝が行われ、開催国カタールが3-1でヨルダンを下し、2019年大会に続く連覇を達成した。しかし、カタールの得点はすべてPKによるもので、なかには微妙な判定も。一部では開催国びいきと見る向きもあるが、試合を裁いた主審の母国・中国ファンは「3つともたしかにPKだった」「カタールの札束に跪いたんだ」と賛否が分かれている。


【注目】「運動すると胸って垂れる?」「もめば大きくなるって本当?」 バストにまつわる“あるある”なウワサ話に答えます(W-ANS ACADEMYへ)

 カタールが2-1とリードして迎えた後半AT。自陣から出たロングボールを味方がヘディングで繋ぎ、これにタイミング良く飛び出したアフィフがゴール前へ。1対1となった相手GKに倒された。判定はオフサイドで、相手のボールで再開となりかけたが、VARが介入。国際実況も「これは非常に際どい。Ohhhhh…」と漏らすほど微妙なシーンだった。馬寧主審がオンフィールドレビューで確認し、この日3度目のPKに。結果的のこれがカタールのダメ押し点となり、連覇を決定づけた。

 中国メディア「澎湃新聞」は「アジアカップ決勝でPK判定3度。中国人主審・馬寧の審判さばきは肯定的に受け止められる」との見出しで報道。審判団がVARだったことに言及し、「馬寧がホスト国であるカタールにPKを3回も与えたことは一見、やややりすぎの印象を与えるが、この3つのPKはいずれも比較的妥当なものであり、全体的に見て、馬寧の判定はSNSでも比較的肯定的に受け止められている」と支持した。しかし、中国のサッカーファンの意見は賛否が分かれている様子だ。

 中国メディア「ジーボーバ」が報じた記事のコメント欄には、さまざまな声が相次いだ。

 支持派からは「馬寧は3つPK判定を下したけれど、3つともたしかにPKだった」「3つのPKになんの問題があるというの?」「公正な判定だ」「VARを見ると、3つともPKで問題ないと思った」と判定の内容を認めるもの。さらに「ヨルダンも試合後に馬寧に何も言わなかった。つまり、ヨルダンは自分でもファウルだと思っていたということだ。細かい部分は別にして、全体的に判定は非常に正確だったと思う」「馬寧についての固定観念にとらわれずに、客観的に試合をみるべきだ。たしかに、馬寧は国内では偏った判定が多くて、私も批判したことはある」という冷静な意見もあった。

 一方で、疑問を投げかけるファンも。「3つ目はオフサイドだろう」「1つ目もPK?」「3つ目がPKでなければ、批判もはるかに減ったはずだ」「1つ目は判定しなくても判定してもよかった。2つ目はVARが介入したが、判定しなくてもよかった。3つ目はもう言うまでもない」など、それぞれの判定を疑問視する声。また、「カタールの札束に跪いたんだろう! 誰が一番、札束に弱いか、カタールは一番よく知っている!」という辛辣な声もあった。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集