[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBCで話題「レッツゴージョージ」少女、正体は豪州選手の3歳娘 話題沸騰に母は「驚いたわ」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、“天使の声”が話題になっている。15日に東京ドームで行われた「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」準々決勝の豪州―キューバ戦。三塁側の豪州応援席で、幼い女の子が「レッツゴー、ティ、ミー!」と健気に声を張り上げると、周りの大人たちが「レッツゴー、ティ、ミー!」と声をそろえてこれに続く。こんな微笑ましい応援スタイルが、豪州ナインを元気づけ、周りの日本人ファンを魅了していた。

WBC準々決勝のキューバ戦を観戦に訪れていた豪州代表ティム・ケネリー外野手の長女フローレンスちゃん【写真:宮脇 広久】
WBC準々決勝のキューバ戦を観戦に訪れていた豪州代表ティム・ケネリー外野手の長女フローレンスちゃん【写真:宮脇 広久】

ティム・ケネリー外野手の長女フローレンスちゃん

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、“天使の声”が話題になっている。15日に東京ドームで行われた「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」準々決勝の豪州―キューバ戦。三塁側の豪州応援席で、幼い女の子が「レッツゴー、ティ、ミー!」と健気に声を張り上げると、周りの大人たちが「レッツゴー、ティ、ミー!」と声をそろえてこれに続く。こんな微笑ましい応援スタイルが、豪州ナインを元気づけ、周りの日本人ファンを魅了していた。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 声の主は、3歳のフローレンスちゃん。豪州の1番打者ティム・ケネリー外野手の長女である。母のアナさんによると、3か月ほど前から豪州のスタンドで、父が所属するABL(オーストラリアン・ベースボール・リーグ)のパース・ヒートの応援を始めたのがきっかけだという。WBCに合わせて、6歳の兄フィルくんも一緒に来日した。

 12日の日本戦でも、フローレンスちゃんが「レッツゴー、ジョージ!」と4番ダリル・ジョージ内野手の名前を連呼する姿が中継に映り、日本のファンがSNSを通じ「レッツゴージョージガールかわいすぎる」などと反応。ツイッターで「レッツゴージョージ」がトレンドするほど話題になっていた。

 ちなみに、フローレンスちゃんの声援には、「レッツゴー、ティミー(父の愛称)」、「レッツゴー、ダディ(お父さん)」の他、チャンスで打席に立った選手の名字やファーストネームを入れるものなど、数々のパターンが存在する。

 この日の試合中に取材に応じ、「将来の夢はお姫様」と話したフローレンスちゃん。アナさんは「日本で話題になっていることは聞いたわ。クレイジーだし、驚いているけれど、彼女はこれからも豪州のスタンドで大声を出し続けるでしょうね」と笑う。

 3歳の女の子にとって、この日のナイターは眠いのではないかとも思われるが、そんな心配はどこ吹く風、豪州から駆け付けた家族や、豪州代表が大会直前にキャンプを張った東京・府中市の関係者らからなる応援団を、1人でリードし続けていた。

(宮脇 広久 / Hirohisa Miyawaki)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集