[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

犯人はダルビッシュか「ついにバレてしまいました」 侍ベンチの鈴木誠也ユニ「×」印

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場している東京Dの日本代表ベンチには、左脇腹痛で出場辞退した鈴木誠也外野手のユニホームが掲げられている。痛めた脇腹付近に「×」マークのテープが貼られていたことが話題になっていたが、12日にダルビッシュ有投手が「ついにバレてしまいました」と告白した。

日本代表・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
日本代表・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場している東京Dの日本代表ベンチには、左脇腹痛で出場辞退した鈴木誠也外野手のユニホームが掲げられている。痛めた脇腹付近に「×」マークのテープが貼られていたことが話題になっていたが、12日にダルビッシュ有投手が「ついにバレてしまいました」と告白した。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 鈴木はカブスのスプリングトレーニングで左脇腹痛を発症。大会直前に無念の欠場となった。しかし、侍ジャパンの盟友たちは本人のユニホームを掲げることで共闘する意思を表現。ファンの感動を呼んだが、ユニホームの左脇腹付近に白のテープが「×」と貼られていた。

 明るいキャラクターで知られる鈴木に対し、愛の溢れるユーモアがネット上で拡散。誰が貼ったのかも注目を集めていた。今回、ダルビッシュが貼り付けるようなそぶりを捉えた動画をファンが投稿。貼り直しただけの可能性もあるが、これをダルビッシュが引用ツイートし、「ついにバレてしまいました」と泣き笑いの絵文字付きでつづった。

 こういったシーンもファンの楽しみの一つ。離れたところでも心を一つにした侍ジャパンは、1次リーグ4戦全勝をかけ、12日にオーストラリア戦を迎える。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集