[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

筋トレ効果が“無”になる恐怖? 「断りづらい飲み会」で考えるべき3つの鉄則

“割り勘負け”の概念は捨て「自分の意志を優先できた」に価値を感じよう

 第三は「参加したからといって、食べたくないものを食べる必要はない」。

 そもそも「飲み会に参加したからには、絶対に何か食べなくてはいけない」というルールはありません。「飯を食わなきゃいけないんですか? 私はもう食ってきましたよ」と、平然としていればいいんです。

 考えてみてください。飲みの席で一緒になった少食の女性に対し、大食漢の男性が「もっと食えよ!」とは言わないですよね? 他人は、あなたがどれだけ食べてようが、実は気にしていません。「食べなよ~」みたいな発言に、特に意味はないのです(笑)。もし、どうしても気になるのであれば、サラダでも食べればいい。でも、飲みの席さえ一緒にいれば、十分、務めは果たしています。お人よしになって、人が頼んだ食事まで食べる必要はありません。

 そして、酒はビールや甘いカクテル、甘いサワーを避けて、ウーロンハイ、ハイボールを飲んで過ごします。飲み会に参加しても食事さえコントロールすれば、トレーニングの成果に対して大きなダメージはありません。食事には意志を乗せる、これを貫いてください。

 ただしこの場合、飲み会に行く前に、体に必要な栄養をしっかり摂っておくことが大切です。野菜、サラダチキンやおにぎりなどを食べてから参加し、飲み会の2~3時間は酒を適量に飲んで乗り切ります。特にあらかじめ食事の内容が決まっているコース料理の飲み会の場合、高タンパク・低脂肪のおかずだけをオーダーして食べることも難しい。ですから、事前に食べておけば、空腹にもならず、余計なものも食べなくて済むので安心です。

 ここで肝に銘じてほしいのは、「食ってないのに割り勘なんて損をした!」という考えは捨てることです。そういう器の小さな考えでは、筋肉は大きく豊かに成長しません。「3000円、5000円の飲み代を払ってでも、自分の体を、意志を優先できた」ことに価値を感じましょう。

 私もボディビル選手権を直前に控えた日に、大事な方たちに「焼肉屋に行こう」と誘われ、行ったことがあります。当然、ほぼ何も食べなかったのですが、お金を払ったことに「損をした」とは全く思いませんでした。なぜならそのお金は、自身の体や意志を大切にしながらも、大切な人たちと、楽しい時間、いい時間を一緒に過ごせたことへの感謝であり、対価だと思うからです。

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集