[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ホンダ、運も味方に連敗3でストップ HCも満足げ「自分たちで生み出した運だった」

ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、キヤノン―ホンダ戦が埼玉・熊谷ラグビー場で行われ、ホンダが39-24で連敗を3でストップさせた。昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表では、ホンダはPR具智元、FBレメキロマノラヴァ、キヤノンはSO田村優が先発。第2試合では全勝対決のパナソニック―東芝戦もあり、会場には2万138人のファンで満員となった。

先発フル出場でチームの勝利に貢献したホンダのレメキ・ロマノ・ラヴァ【写真:宮内宏哉】
先発フル出場でチームの勝利に貢献したホンダのレメキ・ロマノ・ラヴァ【写真:宮内宏哉】

具智元&レメキ擁するホンダがキヤノン撃破、熊谷に2万138人のファン集結

 ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、キヤノン―ホンダ戦が埼玉・熊谷ラグビー場で行われ、ホンダが39-24で連敗を3でストップさせた。昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表では、ホンダはPR具智元、FBレメキロマノラヴァ、キヤノンはSO田村優が先発。第2試合では全勝対決のパナソニック―東芝戦もあり、会場には2万138人のファンで満員となった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 ホンダは前半3分、敵陣残り約20メートルでハイパントから転がったルーズボールを拾ったWTB尾又寛汰が、そのままインゴールまで運んでトライを決めた。7-3の22分にはSH荒井康植のキックをNO8トマシソンゲタが敵陣残り約20メートルでチャージ。そのままボールをトライを奪うなど、運も味方につけて前半で3トライを奪った。

 後半、一時は24-17と1トライ1ゴール差まで詰め寄られたが、20分にFLポール・スクーマンのトライなど2トライで突き放し、終わってみれば39-24と快勝した。開幕からの4戦は1勝3敗だったが、空き週を経て躍動した選手たちの働きぶりに指揮を執るダニー・リーヘッドコーチ(HC)も満足げだ。

「しっかり勝つことできたことは満足している。最初の4試合は思った通りに事は運ばなかったが、その後にここから次の5試合でリセットして準備していこうと話していた。バイウィークから帰ってきて、一番最初で勝ちを拾うことができて満足している」

「前半は運もあってスムーズに運んだ」と振り返ったリーHCは「インターセプトだったり、チャージダウンだったりから得点を重ねた。プレッシャーをかけることによって、自分たちで生み出した運だった。一つ残念なのはボーナスポイントを拾えなかったこと。ただ選手については満足している」と高い評価を与えていた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集