[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「笑わない男」が叫んだ 決勝トライの瞬間、稲垣啓太が上げた雄叫びを“激写”

ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝を飾った。昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表のPR稲垣啓太、HO坂手淳史、SO松田力也が先発し、開始3分の坂手の退場で1人少ない状況だったが、首位を堅守。決勝トライの瞬間には、稲垣の雄叫びシーンが撮影されていた。

トライを決めた内田、その後ろで稲垣が…【写真:宮内宏哉】
トライを決めた内田、その後ろで稲垣が…【写真:宮内宏哉】

珍しく感情爆発した姿を撮影、トライを決めた内田以上に存在感を発揮した姿は…

 ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝を飾った。昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表のPR稲垣啓太、HO坂手淳史、SO松田力也が先発し、開始3分の坂手の退場で1人少ない状況だったが、首位を堅守。決勝トライの瞬間には、稲垣の雄叫びシーンが撮影されていた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 稲垣がこれでもかと叫んでいた。10-10の前半35分、フィールド中央でボールを持ち出した堀江がパスをつなぎ、ボールを持った松田がスペースに走り込んで約20メートルゲイン。CTBディラン・ライリーがゴール目前で出したパスは誰にもつながらなかったが、こぼれたボールをSH内田啓介が拾ってトライを決めた。

 人差し指を突き上げる内田。その後ろで思い切り雄叫びを上げていたのが稲垣だった。内田の背中に視線を送り、大きく口を開けて喜びを爆発させている。少し手を広げ、いつも冷静な男が激しく感情を露わにした瞬間を、取材した編集部のカメラが“激写”。トライを決めた内田以上に存在感を発揮した。

 14人でほとんど80分を戦い抜いたパナソニック。稲垣は39-17の勝利が見えた後半29分までプレーし「一人少なくなってもやることは変わらない。運動量を上げたことがハマった。『1人減っても問題ないでしょ』『減ったから何?』というようなものを試合中に感じた。調子に乗っているというわけではなく、4試合やるべきことをやった」とチームの成長に手応えを感じたようだ。

 4季ぶりの優勝へ好調を維持。第5節はパナソニックが同じ4連勝中の東芝と15日に熊谷ラグビー場で激突する。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集