[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中恒成、貫禄3回KOに米リング誌も称賛「2019年を最も圧倒的なパフォーマンス締め」

ボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチは31日、王者・田中恒成(畑中)が同級10位ウラン・トロハツ(中国)を3回2分29秒KOで3度の防衛に成功した。デビューからの連勝を15に伸ばした3階級王者に対し、米専門誌「リング」は「彼としては今年最も圧倒的なパフォーマンス」と評価している。

V3を達成した田中恒成【写真:Getty Images】
V3を達成した田中恒成【写真:Getty Images】

世界10位の挑戦者に格の違い、3度目の防衛成功

 ボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチは31日、王者・田中恒成(畑中)が同級10位ウラン・トロハツ(中国)を3回2分29秒KOで3度の防衛に成功した。デビューからの連勝を15に伸ばした3階級王者に対し、米専門誌「リング」は「彼としては今年最も圧倒的なパフォーマンス」と評価している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 圧巻のラッシュだった。3回、ロープ際にトロハツを追い詰めると、ガードで固めた顔面に鋭いアッパーを3連打。ガードの隙間を通す強烈な一撃で、挑戦者をマットに沈めた。記事では「タナカは活気ある2019年を今年最も圧倒的なパフォーマンスで締めくくった。実力下位の挑戦者トロハツを3回でKOし、WBOフライ級タイトルの今年3度目の防衛を果たした」と評価した。

 2019年は3月に田口良一に判定勝ち。7月にジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)を7回TKOで撃破していたが、今回はさらに圧巻のKO劇。目の肥えたリング誌記者をして、最良の内容だったと言わしめた。田中はリング誌独自のランキングでフライ級部門で1位に格付けされている。圧巻のKO劇で2019年を最高の形で締めくくり、さらなるビッグマッチが期待される。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集