[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦が羽生を超えた 自己新322.59点Vに海外絶賛「彼が氷上の王である理由を証明」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)がともに自己ベストを大幅に更新する212.99点、合計322.59点をマーク。262.77点で2位に入ったナム・グエン(カナダ)におよそ60点の大差をつけ、大会初優勝を飾った。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

スケートカナダで2位に60点差つけ初優勝、ISU称賛「目もくらむ演技」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)がともに自己ベストを大幅に更新する212.99点、合計322.59点をマーク。262.77点で2位に入ったナム・グエン(カナダ)におよそ60点の大差をつけ、大会初優勝を飾った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 羽生結弦が羽生結弦を超えた。冒頭の4回転ループこそ、出来栄え点は減点となったが、以降のジャンプは美しく着氷。後半の4回転トウループ―オイラー―3回転フリップの3連続ジャンプも含め、4本の4回転ジャンプを決めた。昨季から一層の凄みが増し、ほぼパーフェクトで決めた圧巻の演技。海外メディアも手放しで称えている。

 国際スケート連盟(ISU)公式サイトは「見る者の心を奪う羽生がスケートカナダを征服」と特集し、「目もくらむ演技」などと称賛。公式ツイッターでも「羽生結弦がまたしても彼が氷上の王である理由を証明した」とレポートしている。

 米名物記者のジャッキー・ウォン氏も1人を残した演技直後に優勝を確信。「ついにスケートカナダ優勝だ!! プログラムの全てがオータムクラシックの時よりもいっそう確かなものになっている、見事だ」とツイート。意外と優勝に縁がなかったスケートカナダで華々しいGPシリーズ幕開けを飾り、今シーズンが楽しみになった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集