[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョコビッチ、開幕前に完敗!? 両国で“全力相撲姿”に海外爆笑「少し体重足りない」

男子テニスの楽天ジャパンオープンに初出場する世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がインスタグラムを更新。両国の有名ちゃんこ店前にある土俵に上がり、元力士らと相撲を取る様子を画像付きで公開したが、本人は「少しばかり体重が足りない」と完敗宣言。海外ファンも「君はアメージングだ!」「面白すぎる!」と爆笑している。

ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

両国にある土俵で相撲体験も完敗「あと少しで彼を1インチ動かせそうだった」

 男子テニスの楽天ジャパンオープンに初出場する世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がインスタグラムを更新。両国の有名ちゃんこ店前にある土俵に上がり、元力士らと相撲を取る様子を画像付きで公開したが、本人は「少しばかり体重が足りない」と完敗宣言。海外ファンも「君はアメージングだ!」「面白すぎる!」と爆笑している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 テニス界の世界No.1も屈強なスモウレスラーには敵わない。ジョコビッチが投稿したのはなんともユニークな写真だった。青のシャツとハーフパンツのジョコビッチは裸足で土俵に上がり、まわしをつけた大男の胸を懸命に押そうとしている。さらに力士風のカツラをつけたものや行事のマネをするものなど、日本の伝統文化を満喫した様子だ。

 投稿では「スモウは日本で神聖だ。土俵に上がって彼らと対峙する経験を得ることができ、光栄に思う。少しばかり体重が足りないが、あと少しで彼を1インチ(約2.54センチ)動かせそうだった」と“黒星”をつけられたことを明かした。「90年代にセルビアで父や兄弟とスモウを追いかけていたことを覚えている。特に横綱アケボノを応援していた」との思い出も披露した。

 テニス界のスーパースターのお茶目な姿に対し、海外ファンも「君はアメージングだ!」「面白すぎる!」「君は愉快だ」「素晴らしい!」「大好き」「ウソみたい、ハハ」「テニスの試合に誘うんだ」「少なくとも、君は頑張った」「確かに、少し体重が足りないね……」などと大笑いでコメントを寄せているようだった。

 土俵では本領を発揮できなかったジョコビッチだったが、舞台をコートに移せば、話は別。日本のファンを魅了するようなテニスを期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集