[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 今季全休、そして復活へ… ジョコビッチはフェデラーの「逆襲ロード」を辿れるのか

今季全休、そして復活へ… ジョコビッチはフェデラーの「逆襲ロード」を辿れるのか

男子テニスの世界ランキング4位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が右肘の負傷の影響により今年の残り全大会の欠場を決断した。英公共放送「BBC」は、かつてのウィンブルドン王者の見解として「再び強さを取り戻せるはずだ」と復活に太鼓判を押したことを報じている。

右肘痛で今季残りの全休発表、元全英王者は復活に太鼓判「再び強さを取り戻せるはず」

 男子テニスの世界ランキング4位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が右肘の負傷の影響により今年の残り全大会の欠場を決断した。英公共放送「BBC」は、かつてのウィンブルドン王者の見解として「再び強さを取り戻せるはずだ」と復活に太鼓判を押したことを報じている。

 昨年、全仏オープンを制し、生涯グランドスラムを達成したジョコビッチだが、2017年は苦難の連続だった。

 1月の全豪オープンでは2回戦で当時世界ランキング117位のデニス・イストミン(ウズベキスタン)に金星を献上し、連覇を狙った全仏では準々決勝でドミニク・ティエム(オーストリア)に敗戦。過去3度の優勝経験があるウィンブルドンでもトマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦で途中棄権し、右肘痛の影響を引きずり、結果が出せない状況が続いていた。

 その状況もあって全米オープンを含む今年残りの大会の全休を決めたジョコビッチ。この判断について1987年のウィンブルドン覇者であるパット・キャッシュ氏は、復調への第一歩になると見解を述べている。

「精神的なリフレッシュ、彼自身がもう一度、熱意を、そして強さを取り戻すきっかけになる。我々は彼がどれほどタフで、アスリートとして優れているか知っているし、それを観たい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー