[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全日本欠場の山縣亮太が世陸リレー候補入り 強化委員長「なくてはならない存在」

日本陸上連盟は1日、世界選手権(9月・ドーハ)の男子400メートルリレー候補選手11人を発表した。全日本選手権短距離2冠のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)、同100メートル2位・桐生祥秀(日本生命)らが選ばれた。また、気胸により大会を欠場した山縣亮太(セイコー)、200メートル予選で棄権した飯塚翔太(ミズノ)も名を連ねた。

会見に出席した日本陸上競技連盟の尾懸貢専務理事(左)と強化委員長の麻場一徳氏【写真:編集部】
会見に出席した日本陸上競技連盟の尾懸貢専務理事(左)と強化委員長の麻場一徳氏【写真:編集部】

サニブラウンら11人が候補入り、全日本を途中棄権した飯塚も

 日本陸上連盟は1日、世界選手権(9月・ドーハ)の男子400メートルリレー候補選手11人を発表した。全日本選手権短距離2冠のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)、同100メートル2位・桐生祥秀(日本生命)らが選ばれた。また、気胸により大会を欠場した山縣亮太(セイコー)、200メートル予選で途中棄権した飯塚翔太(ミズノ)も名を連ねた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 強化委員長の麻場一徳氏は「今回の100メートルのパフォーマンス、世界リレー、ゴールデングランプリの貢献度、これまでの実績を考慮した。この中から9月の時点で走れる選手を選ぶことになる」と説明した。

 大会を欠場した山縣については「まだ3か月近くあるので、回復が十分なされて、本人の意思、条件が整えば。やっぱり山縣選手はリレーチームになくてはならない選手なので」と実績を評価したようだ。

 また、飯塚についても「明日(2日)、正確な検診結果が出る。普通に歩けますし、軽度の肉離れの見立て。十分回復可能で、彼のリーダーシップは必要」とした。

【世界選手権男子400メートルリレー候補選手】

サニブラウン・ハキーム
桐生祥秀
小池祐貴
飯塚翔太
多田修平
山縣亮太
白石黄良々
ケンブリッジ飛鳥
坂井隆一郎
川上拓也
橋元晃志

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集