[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフで本人キョトンのエース誕生 5秒遅れの判明でバンザイ「これはかっこいい入り方」

女子ゴルフの国内ツアーは前半戦を終え、今週はオープンウィーク。今季ここまで生まれている数々の名珍場面を振り返る。6週連続でホールインワンが記録されるなど、会心の一打が数多く生まれている今シーズン。本人もビックリの印象的なエースもあった。

堀琴音【写真:Getty Images】
堀琴音【写真:Getty Images】

国内ツアー前半戦を振り返る

 女子ゴルフの国内ツアーは前半戦を終え、今週はオープンウィーク。今季ここまで生まれている数々の名珍場面を振り返る。6週連続でホールインワンが記録されるなど、会心の一打が数多く生まれている今シーズン。本人もビックリの印象的なエースもあった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

○5秒遅れで判明「これはかっこいい入り方」 本人は「観客の反応で…」

 7月のミネベアミツミレディス第2ラウンドでは、堀琴音が14番パー3でエースを記録。ボールは2バウンドしてピンを直撃すると、そのまま真下に落ち、カコーンと乾いた音が響いた。ギャラリーから「ウォー」と大歓声。堀は一瞬、キョトンと静止していたが、5秒遅れてエースだと分かると、「やったー!」と声を上げてバンザイ。同伴者やキャディーと笑顔でハイタッチした。

 ツアーでは自身8年ぶり2度目の快挙。X上のファンからも「素晴らしい!」「これはかっこいい入り方」「今週も絶好調」などの声が寄せられた。本人は「入ったのが見えなくて、ギャラリーさんの反応でわかりました」と振り返っている。

○安田祐香はエース達成で姉妹ハイタッチ「クールな彼女にしては珍しい喜び方」

 6月の宮里藍サントリーレディス最終日では、安田祐香が4年ぶりのホールインワン。3番パー3で達成すると、地元・兵庫のギャラリーから大歓声。姉の美祐キャディーや同伴競技者とハイタッチし、思わず両手を挙げて喜びを表現した。X上のファンからは「クールな彼女にしては珍しい喜び方」「綺麗なホールインワン」「天晴れですね」などとコメントが集まった。

○歓喜のエース→直後に悲劇「貧乏性が抜けず…」 新人・高木優奈が自虐

 5月のリゾートトラストレディスでは高木優奈がホールインワン。初日の8番パー3で少し強めのボールは飛び出そうになりながらも、そのまま入った。しかしその後、10番パー5で池ポチャ。記念のボールが消える悲劇となった。高木は「キャディーさんに『とっとく?』って言われたんですけど、新しいボールを出す方がもったいなくて、貧乏性が抜けなくて。使えるならそれでってやっていたら池に入っちゃいました。ボールから私のもとを離れていきました」と自虐的に明かしていた。

 今季は4月のパナソニックオープンレディースまで6週連続のホールインワンも誕生。6人目になった青木瀬令奈は「みんなでリレーをしている感じ。女子ツアーが盛り上がる要因にもなるので、繋いでいきたいです」とコメントしている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集