[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「アホくさ!」 吉田正尚“あと1球弾”で発狂した敵地ヤンキース配信者の「リアクション最高」

米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手が5日(日本時間6日)、敵地ヤンキース戦に「7番・DH」で出場し、起死回生の3号同点2ランを放った。9回2死の“あと1球”から劇的弾。逆転勝ちに貢献した一方、ヤンキースの有名配信者は「アホくさっ!」と怒り爆発だ。その発狂ぶりが「リアクション最高」と話題を集めている。

ヤンキース戦で同点2ランを放ったレッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】
ヤンキース戦で同点2ランを放ったレッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】

椅子をなぎ倒して怒り爆発

 米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手が5日(日本時間6日)、敵地ヤンキース戦に「7番・DH」で出場し、起死回生の3号同点2ランを放った。9回2死の“あと1球”から劇的弾。逆転勝ちに貢献した一方、ヤンキースの有名配信者は「アホくさっ!」と怒り爆発だ。その発狂ぶりが「リアクション最高」と話題を集めている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 感情を露わにしたのは、ファンにはお馴染みのヤンキース応援YouTuber兼ブロガーのジョーズ・マクフライ氏だ。3-1の9回2死二塁、ヤンキースは吉田をフルカウントに追い込んだ。あと1球で勝利の場面。しかし、右翼へ飛球を許した。その瞬間、マクフライ氏は「嘘だろ……?」とポツリ。スタンドへ飛んでいくボールを見るや、「ちくしょう! なんてこった!!」と発狂した。

 部屋の中で椅子をなぎ倒し、グラブを叩きつけ。「最悪だ。なんで簡単に抑えられないんだよ。本当に最悪だ。おいおい何だよ、あれは。アホくさっ!」と怒り心頭だった。ヤンキースは延長10回に勝ち越し2ランを許し、まさかの逆転負けだ。

 マクフライ氏は怒りを爆発させた動画をXに投稿。「この最低な状況に嫌気がする! ヨシダの同点2ランホームラン」とつづると、米ファンから「本当に最悪だよね」「自分も同じ気持ちなんだけど」「まあまあまあ」「リアクション最高」「哀れ」「前向きな気持ちでヤンキースを応援してやろうぜ」「その情熱は好きだ!」と笑撃を受けた様子の声が集まった。

 大騒ぎできるのもチーム愛のある証拠。そんな様子が脚光を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集