[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バスケ日本、NZに92-50で2戦連続圧勝 4連勝で欧州遠征&パリ五輪へ、広瀬すずもベンチ背後で興奮

世界ランク9位のバスケットボール女子日本代表は6日、東京・有明アリーナで同26位ニュージーランドとの国際強化試合に92-50で勝利した。125-57だった4日に続く連勝。パリ五輪に向けた国内最後の試合を終え、欧州遠征に向かう。観衆は1万745人。

ニュージーランドと強化試合を行った女子バスケ日本代表【写真:Getty Images】
ニュージーランドと強化試合を行った女子バスケ日本代表【写真:Getty Images】

三井不動産カップ(東京大会)

 世界ランク9位のバスケットボール女子日本代表は6日、東京・有明アリーナで同26位ニュージーランドとの国際強化試合に92-50で勝利した。125-57だった4日に続く連勝。パリ五輪に向けた国内最後の試合を終え、欧州遠征に向かう。観衆は1万745人。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 序盤から日本が主導権を握った。宮崎早織が相手を置き去りにするドライブを連発。赤く染まった会場は騒然となった。本橋菜子が3ポイント(3P)シュートを2本成功させ、24-13で第2クォーター(Q)へ。高田真希が3Pやリング下から得点を重ね、47-29の大差前半を折り返した。第3Qも流れを渡さず、馬瓜エブリンが速攻からレイアップ。山本麻衣がオフェンスリバウンドから得点を決めた。

 前半6本の3P全てを外した主将の林咲希もようやく長距離砲を沈め、効果的に点差を広げた。70-38で最終Qに突入。宮澤夕貴も3Pを決めるなど最後まで走り勝つスタイルを継続した。最後に宮澤がブザービーター。初戦ほどの差をつけられなかったが、92-50の大差で勝利を飾った。

 テレビ朝日バスケSPブースターの女優・広瀬すずも日本ベンチの背後から観戦。白熱したプレーに興奮し、中継で「物凄く近くて、選手の緊張と明るさと、いろんなエネルギーを感じています」と語るなど大好きなバスケの魅力を届けていた。

 女子日本代表は6月20、21日に北海道で同3位オーストラリアに2連勝。7月4日のニュージーランド戦も68点差で大勝し、直近3戦全勝と勢いに乗っていた。今後は19日に同7位の五輪開催国フランスと、21日に同6位ベルギーと対戦。五輪は29日に7連覇中の米国との初戦を迎え、ベルギー、ドイツと激突する。

 6月25日、最終候補16人からパリ五輪内定12人が発表された。川井麻衣、内尾聡菜、野口さくら、平下愛佳の4人が落選。高田真希、町田瑠唯、宮澤夕貴が3大会連続出場、3人制バスケで代表経験がある馬瓜ステファニー、山本麻衣を含め、12人全員が五輪経験者となった。史上最高だった2021年東京五輪の銀メダル超えを目標に掲げる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集