[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ舞台裏のスポーツマンシップ 河本結と同伴者の振る舞いが「ドキュメンタリーみたい」

女子ゴルフの国内ツアー・ミネベアミツミレディスは5日、北海道・真駒内CC空沼C(6667ヤード、パー72)で第2ラウンドが行われ、15位から出た河本結(RICOH)が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算7アンダーの3位に浮上した。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)はホールアウト直後のスポーツマンシップを示した行動を公開。さらに、中継ではなかなか見られない選手同士のやり取りも公開されると、河本本人も「ドキュメンタリー撮影の一部みたい!」と感激している。

河本結【写真:Getty Images】
河本結【写真:Getty Images】

ミネベアミツミレディス2日目

 女子ゴルフの国内ツアー・ミネベアミツミレディスは5日、北海道・真駒内CC空沼C(6667ヤード、パー72)で第2ラウンドが行われ、15位から出た河本結(RICOH)が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算7アンダーの3位に浮上した。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)はホールアウト直後のスポーツマンシップを示した行動を公開。さらに、中継ではなかなか見られない選手同士のやり取りも公開されると、河本本人も「ドキュメンタリー撮影の一部みたい!」と感激している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 爽やかに称え合った。インスタートで回った最終9番のプレーを終えた河本。自身のプレーを終えると「ありがと~」と言いながら、同伴競技者の吉本ひかるとハグ。アマチュアの都玲華には「ナイスパー」と声をかけて抱擁した。その後、ホールに一礼。カメラに手を振ると、キャリングボードを担当したボランティアの男性にボールをプレゼントして「ありがとうございました」と感謝を伝えた。

 その後、スコア提出所までの通路で、吉本と歩きながら「4、4、5…」などとお互いのスコアカードを声に出して確認。さらに吉本と都が確認し合った後に、都ともスコアを復唱した。ゴルフではありふれた光景だが、お互いがルールとスポーツマンシップを尊重するからこそ成り立つ場面だ。

 JLPGA公式Xは「ホールアウト後のやりとり 本日4アンダーで暫定2位タイに浮上した河本結 同組の吉本ひかる 都玲華アマとスコアをチェック」とつづって動画を公開。すると、河本自らが「ドキュメンタリー撮影の一部みたい!すごい!」と感激したようなコメントを書き込んだ。

 このコメントにはファンも反応。「ホールアウト後に、こんな感じでスコア確認してるんですね 初めて知った!なんか楽しそう」「情熱大陸に出演して欲しい・・ですね?」「プロジェクトX?」といった反響が寄せられている。

 この日の河本は前半だけで4バーディーを奪ったが、後半は9ホールすべてパーという我慢のゴルフ。ラウンド後は「後半は風が強くて、チャンスが少なかったです」と語ったものの「やっぱり後半の風の中で伸ばしていけないと、ちょっとこの大会では上に行けない、勝ちきれないと思うので、そこは反省点」と振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集