[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心の成長に世界ランカー驚き「パンチも強い」 転向4戦目へ公開スパーで激闘

ボクシングの那須川天心(帝拳)が4日、都内の所属ジムで練習を公開した。20日に東京・両国国技館でボクシング転向4戦目として、ジョナサン・ロドリゲス(米国)とノンタイトル10回戦を予定。自身初の10回戦へ“激闘型スパーリング”を披露し、またも進化を見せた。戦績は25歳の那須川が3勝(1KO)、25歳のロドリゲスが17勝(7KO)2敗1分け。

公開練習でミット打ちを披露した那須川天心【写真:浜田洋平】
公開練習でミット打ちを披露した那須川天心【写真:浜田洋平】

那須川天心ボクシング4戦目

 ボクシングの那須川天心(帝拳)が4日、都内の所属ジムで練習を公開した。20日に東京・両国国技館でボクシング転向4戦目として、ジョナサン・ロドリゲス(米国)とノンタイトル10回戦を予定。自身初の10回戦へ“激闘型スパーリング”を披露し、またも進化を見せた。戦績は25歳の那須川が3勝(1KO)、25歳のロドリゲスが17勝(7KO)2敗1分け。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 那須川がまた見違える姿を見せた。バンタム級でWBO3位、IBF4位につける24歳のクリスチャン・メディナ(メキシコ)と対峙。中間距離から隙をつくようにアッパー、ボディー、左ストレートを叩き込んだ。相手が飛び込んでくれば左フック。パワーパンチで鈍い音をジム内に響かせた。

 メディナは昨年8月に現IBF王者・西田凌佑(六島)と同級挑戦者決定戦で対戦。判定負けしたが、世界に手が届くところにいる実力者だ。スパーを終え、那須川について「彼は凄く良いボクサー。パンチも強いし、スピードもある。足運びが素晴らしい」と称賛。ここまで30回ほど拳を交え「最初はパンチを当てるのは難しくなかったけど、今は速く動けるようになったので成長したと思う」と驚いていた。

 那須川は最大8回のスパーを含め、ここまで100回以上を消化。来週末の打ち上げまでに自己最長の10回も予定する。中間距離での駆け引きを反復練習。指導する元世界2階級制覇王者・粟生隆寛トレーナーは「新しいことをやってハマる日、ハマらない日がある。ハマったら『おぉ』と言えるくらいめちゃくちゃいいボクシングをする」と太鼓判を押した。

 帝拳ジム代表の浜田剛史氏も「パンチに体重が乗ってきた」と成長を評価。那須川はスパーを含め、シャドー、ミットを計9回披露し、大粒の汗を流した。「手応えがあります。精度を上げる練習をしてきたし、3試合目から4試合目で進化していないと意味がない」と自信を見せた。

 昨年4月のボクシングデビュー戦は6回戦、9月の2戦目は8回戦でともに判定勝ち。8回戦だった今年1月の3戦目は初の世界ランカーを相手に圧倒し、相手の棄権で3回終了TKO勝ちした。現在の世界ランクはバンタム級でWBA7位、WBC13位、WBO10位。東洋太平洋は3位、WBOアジアパシフィックは1位、日本ランクはスーパーバンタム級で4位につける。

 ロドリゲスは2018年にデビュー。昨年11月には元WBA世界スーパーフライ級王者でWBA世界バンタム級4位だったカリド・ヤファイ(英国)に初回KO勝ちした。世界ランクはWBA4位につけ、死角からの右フックが脅威。那須川にとっては初の世界ランカー対決となる。

○…今興行はトリプル世界戦。WBC世界バンタム級王者・中谷潤人(M.T)が指名挑戦者の同級1位ビンセント・アストロラビオ(フィリピン)と初防衛戦を迎える。WBO世界スーパーフライ級王者・田中恒成(畑中)も、同級12位ジョナタン・ロドリゲス(メキシコ)と初防衛戦。WBO世界フライ級王座決定戦では、同級2位・加納陸(大成)と同級3位アンソニー・オラスクアガ(米国・帝拳)が対戦する。「Prime Video presents Live Boxing」の第9弾として、Amazon プライム・ビデオで生配信される。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集