[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バレー日本最強の13人目「嫌という気持ち全くない」 +1枠選出の交代選手・山岸あかねは「喜んで」

日本バレーボール協会は1日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで会見を開き、パリ五輪の出場内定選手12人を発表した。主将でエースの古賀紗理那、石川真佑らが選出。女子代表チームは10日まで国内合宿を行い、フランスでの事前合宿を経て28日の開幕ポーランド戦に臨む予定。銅メダルだった12年ロンドン大会以来、3大会&12年ぶりのメダルを狙う。

会見に出席した山岸あかね【写真:中戸川知世】
会見に出席した山岸あかね【写真:中戸川知世】

パリ五輪の出場内定選手12人を発表

 日本バレーボール協会は1日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで会見を開き、パリ五輪の出場内定選手12人を発表した。主将でエースの古賀紗理那、石川真佑らが選出。女子代表チームは10日まで国内合宿を行い、フランスでの事前合宿を経て28日の開幕ポーランド戦に臨む予定。銅メダルだった12年ロンドン大会以来、3大会&12年ぶりのメダルを狙う。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

「プラス1枠」の交代選手に選ばれたのは、リベロの山岸あかねだった。正メンバーの福留慧美、小島満菜美に加え、リベロが3人に。会見に出席した眞鍋監督は「彼女の見えない力は、日本が結束して目標達成のために必要なワンピースである。ここ数年一緒に練習、試合、合宿を行ってきたが、選手もスタッフも感じているが、献身的にチームのために働いてくれる。13枠の1枠はかなり大きな影響力があるが、日本チームにとって最強の13人目は山岸しかいない」と信頼を口にした。

 その後、山岸は囲み取材に対応。「嫌という気持ちは全くなく、チームのためになるんだったらという思い。必要としてもらっていることは嬉しいこと。喜んでやりたい」と前向きに語った。指揮官からは「山岸にやれることをやってくれたらいい」と声をかけられたという。リベロが2人選ばれたことについては「きっと誰もが1人だろうと思うところで2人選ばれた。複雑な思いはなく、他にポジションがある中で2人いることは嬉しいこと。それを私は後押ししたい」と語った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集