[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳桑木志帆、悲願の初V「忘れ物を取りに来た」 1年前POで惜敗&号泣、今度は嬉し涙「頭が真っ白」

女子ゴルフの国内ツアー・資生堂レディスは30日、神奈川・戸塚CC西C(6697ヤード、パー72)で最終日が開催された。1打差2位で出た桑木志帆(大和ハウス工業)が桑木 4バーディー、1ボギーの69で回り、通算11アンダー。嬉しいツアー初勝利を手にした。28日に降雨で中止となった影響により、54ホールの短縮競技で決着。首位で出た堀琴音(ダイセル)は3バーディー、3ボギーの通算9アンダーの2位で、2年3か月ぶりの通算3勝目とはならなかった。

資生堂レディス最終日をプレーする桑木志帆【写真:Getty Images】
資生堂レディス最終日をプレーする桑木志帆【写真:Getty Images】

女子ゴルフ国内ツアー・資生堂レディス

 女子ゴルフの国内ツアー・資生堂レディスは30日、神奈川・戸塚CC西C(6697ヤード、パー72)で最終日が開催された。1打差2位で出た桑木志帆(大和ハウス工業)が4バーディー、1ボギーの69で回り、通算11アンダー。嬉しいツアー初勝利を手にした。28日に降雨で中止となった影響により、54ホールの短縮競技で決着。首位で出た堀琴音(ダイセル)は3バーディー、3ボギーの通算9アンダーの2位で、2年3か月ぶりの通算3勝目とはならなかった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 堀が首位、1打差で桑木が出た最終日。5番パー3で桑木がフックラインを読み切り、長いバーディーパットを沈めて堀に並ぶ。堀も負けじと6番パー4で、第2打をピンそばにつけるスーパーショット。バーディーで再び単独トップに立った。8番でともにボギーを叩くが、堀が9番パー4でパーパットを決められず、逆に桑木がまたも長い距離のバーディーパットをねじ込み逆転。首位が入れ替わってサンデーバックナインに入った。

 桑木、堀ともに12番でスコアを伸ばす。8位で出た原英莉花も2打差に迫る中、15番パー4で堀がバーディー。10アンダーで首位に並んだ。しかし16番パー4で桑木がピンまで約1メートルにつける好ショットからバーディーで抜け出し、最終18番はパー。ウイニングパットを決めると両手を突き上げてガッツポーズ。キャディーや同期の岩井姉妹とハグを交わすと、うれし涙を見せた。

 21歳の桑木は2021年6月のプロテストに合格。昨年は2位に2度入り、今季もトップ10入り7度を記録しているが優勝には届いていなかった。この大会では昨年、首位で最終日を迎えながらも櫻井心那(ニトリ)とのプレーオフに敗れて初優勝を逃し、勝者をハグで気丈に称えたものの、堪えきれず大号泣していた。あれから1年。悔しい思い出の地を、喜び溢れる場所に変えて見せた。

 雨の中で赤いブレザーをまとった桑木は優勝スピーチで「今、初優勝したという実感があまりなく、頭が真っ白ですが、まずは去年の忘れ物を取りに来たということで、取りに来られて本当に良かったと思います」とコメント。家族らのサポートに感謝の言葉を述べ、「初優勝まですごく長く感じましたが、2勝、3勝と勝利を重ねていけるように一生懸命頑張りますので、温かい応援をよろしくお願いします」と抱負を口にし、拍手を浴びた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集