[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平以外も相次いだ疑惑の判定 思わず漏れた「Oh no…」敵味方なく実況席唖然とした1球

米大リーグのドジャース・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ジャイアンツ戦に「1番・指名打者」で出場し、3打数1安打。3戦連発はならず、チームは3-5でサヨナラ負けを喫した。大谷は第1、2打席でボール球に思える球をストライクとされる厳しい判定があったが、この試合は同様の場面が相次いだ。

敵地ジャイアンツ戦に「1番・指名打者」で出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地ジャイアンツ戦に「1番・指名打者」で出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ドジャース―ジャイアンツ戦は微妙な判定が連発

 米大リーグのドジャース・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地ジャイアンツ戦に「1番・指名打者」で出場し、3打数1安打。3戦連発はならず、チームは3-5でサヨナラ負けを喫した。大谷は第1、2打席でボール球に思える球をストライクとされる厳しい判定があったが、この試合は同様の場面が相次いだ。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 第1打席、大谷は右腕ウェブに2球で追い込まれると、続く外角への3球目の速球を見逃した。ただ、これがストライクの判定で見逃し三振に。判定に驚いたジャスチャーを取った大谷。敵地の米カリフォルニア州地元局「NBCスポーツ・ベイエリア」の中継画面も1ボール、2ストライクと表示されたほどだった。実況のデュアン・カイパー氏は「1ボール2ストライクになりました……と思ったら、三振です」と一度はボールと説明し、即座に訂正。解説者のマイク・クルーコウ氏は「エドウィン・ヒメネスは広めにストライクをとる球審ですが、それをたった今、証明しました。これは際どくすらなかったですよ」と斬り捨てた。

 大谷の場面に限らず、この試合はドジャース、ジャイアンツを問わず、微妙な判定が目立った。特にジャイアンツ攻撃の5回先頭、6番コンフォートはカウント0-2から高めにすっぽ抜けた球を見送ったが、ストライクの判定で見逃し三振に。

 この場面には前述のカイパー氏が「Wow!」と驚きの声を上げ、解説のクルーコウ氏も「ナックにとって7奪三振目です。これはボールですね。かなり外れています」とやや呆れ気味に語った。ドジャースの地元中継局の「スポーツネット・ロサンゼルス」実況席もジョー・デイビス氏は「なんてことだ、ストライクゾーンの上のチェンジアップで三振のコールだ」とドジャースがアウト1つを稼いだにも関わらず、正直に指摘。さらにリプレーを見ながら「Oh no…」とつぶやくと、解説のオーレル・ハーシュハイザー氏も「審判のレベルは高くないようだね」と語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集