[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドルーリー1500mは7位「不甲斐なさ、悔しさ残る」 田中希実の圧勝Vに脱帽「本当にすごい。尊敬する存在」【陸上日本選手権】

今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が28日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子1500メートル決勝では、初出場の16歳・ドルーリー朱瑛里(岡山・津山高2年)が4分18秒16で7位だった。24歳の田中希実(New Balance)が4分01秒44で優勝。参加標準記録4分02秒50を突破し、5000メートルに続く2種目めの代表即時内定となった。ドルーリーは「早いペースで1人でも押していけるのは本当にすごい」と田中に脱帽した。

女子1500メートル決勝に出場したドルーリー朱瑛里【写真:奥井隆史】
女子1500メートル決勝に出場したドルーリー朱瑛里【写真:奥井隆史】

陸上日本選手権

 今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が28日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子1500メートル決勝では、初出場の16歳・ドルーリー朱瑛里(岡山・津山高2年)が4分18秒16で7位だった。24歳の田中希実(New Balance)が4分01秒44で優勝。参加標準記録4分02秒50を突破し、5000メートルに続く2種目めの代表即時内定となった。ドルーリーは「早いペースで1人でも押していけるのは本当にすごい」と田中に脱帽した。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 田中は序盤から後続を突き放し、63秒で1周目を通過。オープン参加の選手2人とハイペースでレースを進めた。2分57秒でラスト1周へ。日本新記録も狙えるペースで残り250メートルに突入した。最後まで勢いを落とさず、5連覇を達成した。大きく離されたドルーリーは7位だった。

 レース後の取材で、ドルーリーは「ラスト300~200で切り替えることができずに終わってしまったなという、不甲斐なさ、悔しさが残るレースになった」と話した。「位置取りもよく、気持ちよく1000メートルを通過することができた」と手応えもあったが「ラストの300からというところの切り替えが今回できず、ラストも伸びずに終わってしまったところが、いけなかったかなと思う」と反省した。

 圧勝し、五輪内定を決めた田中には「早いペースで1人でも押していけるのは本当にすごい。本当に尊敬する存在だと思う」と脱帽。インターハイに向けて「課題を修正して、強みを生かせる大会にしたい。高校記録更新を目標に頑張りたい」と話した。

 27日の予選では、田中が4分08秒16でオープン参加を除く全体トップで決勝進出。自己ベスト4分15秒50を持つドルーリーは、4分16秒69の組6着で予選を突破する健闘を見せていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集