[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上日本選手権で14歳中学生が快挙 女子100m準決進出「奇跡です!」ミライモンスター三好美羽が自分で仰天

今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権初日が27日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子100メートル準決勝では、14歳の三好美羽(広島・福山神辺西中3年)が11秒93(追い風0.7メートル)の組7着。決勝には進めなかったが、初出場で予選を突破するなど快走し、天真爛漫な笑顔を咲かせた。

日本選手権初日、女子100メートルに出場した三好美羽
日本選手権初日、女子100メートルに出場した三好美羽

陸上日本選手権

 今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権初日が27日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子100メートル準決勝では、14歳の三好美羽(広島・福山神辺西中3年)が11秒93(追い風0.7メートル)の組7着。決勝には進めなかったが、初出場で予選を突破するなど快走し、天真爛漫な笑顔を咲かせた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 14歳が日本選手権のトラックを初々しく駆け抜けた。予選の選手紹介。モニターに映った瞬間、三好はニコっと笑った。手を挙げて歓声に応えた直後、両拳を胸の前で握ってまた笑顔。「手を挙げた時にめっちゃ拍手をもらえて、『もう、頑張るぞー!』って思いました」。号砲とともに飛び出し、11秒95(向かい風0.3メートル)の組3着。タイムで拾われて予選を突破してみせた。

 準決勝も1レーンでダイナミックな走りを披露。決勝には届かなかったが、14歳が噛み締めた感激は大きい。取材エリアでは天真爛漫に喜びを表現した。

「スタートは良かったです、良かったです。もうここまで来られると思ってなかったので、もう新潟最高です! 正直、親には申し訳ないですけど、予選で(出し切って)終わろうと思ってました。だけど、まさかのギリギリで残れたので、めっちゃ嬉しかったです! (いつもと会場の雰囲気が)全然違って。この場所にいていいのかと思いながら、ずっとポツンとしていました」

 準決勝に残り「もう奇跡です、奇跡です」と興奮。レース後にはテレビで見てきた憧れの先輩スプリンターたちから労われ、「『凄かったね』って言ってくださったけど、だいぶ離されました。ハハハ!」とスマイルを輝かせた。

 自己ベストは11秒79。インスタグラムではすでに3万3000人のフォロワーを誇る。フジテレビ系「ミライモンスター」でも特集され、「広島美少女図鑑所属モデル」にも名を連ねるという。取材陣の中にいた増田明美さんを見つけると「うわ!」と仰天。大先輩から「新潟で美味しい物、何を食べたいですか?」と聞かれると、「お蕎麦を食べたいなと思っています。頑張ります」と笑った。

 次は全中制覇が目標。「今から腸腰筋を鍛えたい。脚も脂肪ばっかなので、食生活を見直したい。最近勉強しすぎで、寝不足なので陸上に力を入れたいなと思います」。中学生スプリンターの姿は、大人たちでごった返す取材エリアを和ませていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集