[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上界21歳新星が異例ハードル2種目で五輪へ 400mH全体トップ通過の豊田兼「周りは見ていない」【日本選手権】

今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権初日が27日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。男子400メートル障害予選では、21歳・豊田兼(慶大4年)が48秒62の組1着、全体トップで決勝進出。110メートル障害との2種目五輪内定へ好発進した。

日本選手権初日、男子400メートル障害予選に出場した豊田兼【写真:奥井隆史】
日本選手権初日、男子400メートル障害予選に出場した豊田兼【写真:奥井隆史】

陸上日本選手権

 今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権初日が27日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。男子400メートル障害予選では、21歳・豊田兼(慶大4年)が48秒62の組1着、全体トップで決勝進出。110メートル障害との2種目五輪内定へ好発進した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 初優勝へ快走した。豊田は序盤を抑えながら後半勝負にもっていく自分のレースを展開。快調にトップを走り、組2着に0秒4差をつけるトップでフィニッシュした。レース後は息を切らしながら「めちゃくちゃ緊張した」と苦笑い。それでも予選唯一の48秒台で地力の違いを見せ、「自分のレーンだけを見て、周りは見ていない。少し緊張がほぐれた」と汗を拭った。

 東京の名門進学校・桐朋出身。フランス人の父を持ち、195センチの長身を誇る逸材だ。昨年8月のワールドユニバーシティゲームズ(中国)110メートル障害で優勝し、10月には400メートル障害のパリ五輪参加標準記録48秒70を突破。今年5月のセイコーゴールデングランプリ(GGP)では、48秒36の自己ベストで制した。今大会優勝なら代表に即時内定する。

 高い負荷で故障のリスクがあり、距離に差があるハードル2種目をトップレベルで戦うのは異例。セイコーGGPまでは左太もも裏に違和感があったが、故障が癒えて以降1か月は試合に出ず、両種目を均等に練習した。この日のレース後は「練習できた甲斐もあって走れている。成果が出ていますね。セイコーGGPより余力を残して走れたので成長を感じた」と手応えを口にした。

 110メートル障害の自己ベストは13秒29。同種目の代表内定済みで13秒04の日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)は出場を見送った。豊田は参加標準記録13秒27を切って優勝すれば内定する。28日に400メートル障害決勝、29日に110メートル障害予選と準決勝、30日に同決勝とタフな日程だ。

 父の母国で開催される夢舞台へ「このまま怪我なく優勝して、110メートル障害のタイムを狙いたい。3日目、4日目があるけど、まずは明日勝たないといけない」と気を引き締めた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集