[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実が1500mぶっちぎり1着で予選突破、3年連続2冠へ 初出場の16歳ドルーリー朱瑛里は組6着【陸上日本選手権】

今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権初日が27日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子1500メートル予選では、24歳の田中希実(New Balance)が4分08秒16の2組1着で決勝進出。参加標準記録4分02秒50を突破した上での優勝なら5000メートルに続く2種目めの代表内定となる。1組では初出場の16歳・ドルーリー朱瑛里(岡山・津山高2年)が4分16秒69で組6着だった。

日本選手権初日、女子1500メートル予選で力走する田中希実【写真:奥井隆史】
日本選手権初日、女子1500メートル予選で力走する田中希実【写真:奥井隆史】

陸上日本選手権

 今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権初日が27日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子1500メートル予選では、24歳の田中希実(New Balance)が4分08秒16の2組1着で決勝進出。参加標準記録4分02秒50を突破した上での優勝なら5000メートルに続く2種目めの代表内定となる。1組では初出場の16歳・ドルーリー朱瑛里(岡山・津山高2年)が4分16秒69で組6着だった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 田中は、1周目は後方で待機。直線で集団を一気にかわし、先頭に躍り出た。以降は後続と差を広げ、残り400メートルからさらにペースを上げた。一人だけ異次元の走りを展開。予選からぶっちぎり、2着以下に大差をつけて4分08秒16で駆け抜けた。

 田中は今年5月の世界最高峰ダイヤモンドリーグ(DL)・ユージーン大会5000メートルで14分47秒69をマーク。参加標準14分52秒00を突破し、昨夏のブダペスト世界陸上で8位入賞しているため、五輪代表に内定した。21年東京五輪で8位入賞した1500メートルは五輪準決勝で出した3分59秒19が日本記録のまま。今大会で参加標準記録4分02秒50を突破した上で優勝すれば五輪内定となる。

 勝てば1500メートルは5連覇、5000メートルは3年連続4度目の優勝となる。日本記録を持つ両種目での活躍に加え、今大会は2年ぶりに800メートルにもエントリーした。同種目ではグランプリシリーズで3連勝を飾った16歳・久保凛(東大阪大敬愛高2年)らとの競演にも注目が集まる。27日に1500メートル決勝、3日目に800メートル予選と5000メートル決勝、最終日に800メートル決勝が行われる。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集