[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中国衝撃「日本バレーは信じられない速さで進歩」 女子準V&男子世界2位に素直な称賛【ネーションズリーグ】

バレーボールのネーションズリーグ(NL)女子決勝トーナメント決勝(タイ・バンコク)は23日、世界ランク6位の日本が同1位イタリアに1-3(17-25、17-25、25-21、20-25)で敗れた。大会初のメダルを獲得。敗れはしたものの、中国メディアは「日本のバレーボールは現在、大変順調で、信じがたい速さで進歩している」と素直に称えていた。

女子バレー日本代表の古賀紗理那【写真:VNL提供】
女子バレー日本代表の古賀紗理那【写真:VNL提供】

ネーションズリーグ

 バレーボールのネーションズリーグ(VNL)女子決勝トーナメント決勝(タイ・バンコク)は23日、世界ランク6位の日本が同1位イタリアに1-3(17-25、17-25、25-21、20-25)で敗れた。大会初のメダルを獲得。敗れはしたものの、中国メディアは「日本のバレーボールは現在、大変順調で、信じがたい速さで進歩している」と素直に称えていた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 運命の大一番は第1セット(S)序盤から5点を追う劣勢。主将の古賀紗理那、石川真佑の二枚看板で攻めたが、17-25で落とした。第2Sも高いブロックに阻まれ、セッター岩崎こよみとアタッカー陣が合わない場面も。9-12からは石川がドシャットをくらうなど7連続失点した。193センチの相手オポジット・エゴヌのブロック、スパイクにやられる展開。完全にペースを握られ、17-25で連取された。

 第3Sは184センチのMB荒木彩花を投入。4-6から綺麗なブロックを決めて叫んだ。7-8からレフトの古賀が渾身のスパイク。返球をもう一度ダイレクトで叩き込み、同点に追いついた。古賀はバックアタックでも得点を重ね、15-12とリード。井上愛里沙の連続サービスエースで差を広げ、25-21で反撃した。しかし、第4Sは序盤からリードを奪われ、逆転勝ちはならなかった。

 中国メディア「新浪財経」は「日本女子1-3イタリアで、12年ぶりに表彰台!日本男子は3-0で米国を破り、ランキング2位に浮上」との見出しで記事を掲載した。「日本女子代表は粘り強さはこの試合でも変わらなかったが、ハードパワーの差でイタリアに敗れ、準優勝となった」とパワーの差が明暗を分けたと指摘した。

 2位だった日本について「敗れたものの、日本女子は国際バレーボール連盟の主要な大会で12年ぶりに表彰台に上がることとなった。今回のチームは近年で最強の日本女子代表だと言っても過言ではないだろう」と記事では評価。さらに日本男子がこの日、米国に3-0で勝って試合終了時点で世界ランク2位に浮上したことも合わせ、こう記した。

「日本のバレーボールは現在、大変順調で、信じがたい速さで進歩している。女子バレーは長い間中国に抑えつけられていたにもかかわらず、進歩を遂げる術を見つけ出したわけだし、男子バレーに至っては、まさに飛ぶようなスピードで進歩を続けている」

 大会規定によると、男女ともに優勝チームには100万ドル(約1億5979万円)、2位には50万ドル(約7990万円)が贈られる。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集