[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バスケ日本は「世界で最もユニーク」 2連敗した世界3位豪州の主軸が称賛「とても賢かった」

女子バスケットボールの世界ランク9位・日本代表は21日、北海道・北海きたえーるで国際強化試合に臨み、同3位オーストラリア代表に95-87で2連勝した。20日の初戦に続き、パリ五輪を見据えた一戦。米女子プロバスケットボール(WNBA)でのプレー経験もある豪州代表の35歳が日本の強みや印象に残った選手を教えてくれた。

オーストラリア代表と対戦した女子バスケ日本代表【写真:Getty Images】
オーストラリア代表と対戦した女子バスケ日本代表【写真:Getty Images】

三井不動産カップ2024

 女子バスケットボールの世界ランク9位・日本代表は21日、北海道・北海きたえーるで国際強化試合に臨み、同3位オーストラリア代表に95-87で2連勝した。20日の初戦に続き、パリ五輪を見据えた一戦。米女子プロバスケットボール(WNBA)でのプレー経験もある豪州代表の35歳が日本の強みや印象に残った選手を教えてくれた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 高さがなくても戦えることを改めて示した。平均身長182.3センチの豪州に対し、日本は174.4センチ。総リバウンド数は9本少ない27だったが、華麗なパス回しから3ポイントシュート(3P)を量産。39本中17本を沈め、43.9%の高い成功率をマークした。中でも主将の林咲希は8本中5本成功。24分45秒の出場でチーム最多の19得点で2日間のMVPに輝いた。2日間の3Pは計10本、成功率は55.6%だ。

 2013年の代表デビューから豪州を牽引する35歳カイラ・ジョージは「日本はエクセレントなチームだった」と舌を巻いた。16年リオ五輪、21年東京五輪にも出場。WNBAで5年プレーし、23年にはラスベガス・エイシズで優勝した。「日本のプレースタイルはおそらく世界で最もユニークなチームだと思う」と説明し、こう称えた。

「彼女たちはプレーの仕方において非常に規律正しく、とても賢かった。サイズの小さなチームとして、ボールをとても上手く動かし、特に攻撃面で本当に強いアクションを見せていた。守備でもやりたいことをやらせないようにしていた。日本は素晴らしいシューティングと非常に高いシュート成功率でとても有名。非常に強いチームで、五輪でも素晴らしいプレーをするでしょうね」

 特に印象に残った選手としては「27番ね」と林を挙げた。「エクセレントな選手で、エクセレントなシューター。日本にはたくさん卓越した素晴らしいシューターがいると思ったけど、彼女のシューティングには特に感銘を受けたわ」と絶賛。さらに第4クォーター残り3分59秒で山本麻衣が決めたディープスリーにも「あれは本当に凄かったわ」と目を丸くした。

 ジョージは23分15秒の出場で13得点、5リバウンド、3アシスト。豪州はWNBA選手7人が不在でベストメンバーではなかったが、独特なスタイルの日本との強化試合は大きな収穫になったという。「五輪の準備として本当に素晴らしいものだった。明日帰国して、五輪に向けた準備を続けるわ」。グループは別だが、決勝トーナメントで日本の前に立ちはだかるかもしれない。

(THE ANSWER編集部・鉾久 真大 / Masahiro-Muku)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集