[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、全米OPで生んだ20年ぶり2人目の驚愕データ ボギーなしで急浮上「66」に米識者も注目

米男子ゴルフのメジャー第3戦・全米オープン(OP)は14日(日本時間15日)、ノースカロライナ州のパインハーストリゾート&CC(7548ヤード、パー70)で2日目が行われ、50位から出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、ボギーなしの66で回り、通算2アンダーで首位と3打差の8位に浮上した。難コースでこの日のベストスコアを叩き出し、米識者も驚くべきデータを伝えている。

米男子ゴルフの全米オープンに出場している松山英樹【写真:ロイター】
米男子ゴルフの全米オープンに出場している松山英樹【写真:ロイター】

全米オープンで上位浮上

 米男子ゴルフのメジャー第3戦・全米オープン(OP)は14日(日本時間15日)、ノースカロライナ州のパインハーストリゾート&CC(7548ヤード、パー70)で2日目が行われ、50位から出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、ボギーなしの66で回り、通算2アンダーで首位と3打差の8位に浮上した。難コースでこの日のベストスコアを叩き出し、米識者も驚くべきデータを伝えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 インスタートの松山は11番パー4でこの日最初のバーディー。前半は難しい場面も凌ぐと、後半3番パー4から圧巻の3連続バーディーを記録。一気に上位へと浮上した。

 X上では米識者も松山のラウンドに注目。ゴルフアナリストのリック・ゲーマン氏は「ヒデキ・マツヤマは本日のラウンドを66で終え、ストロークゲインド6.904をたたき出した。2021年以降、メジャー大会で6以上のストロークゲインドをたたき出したのはこれで6回目。この期間ではジョン・ラームと並び最多」と伝えた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」に寄稿するなど、長年米国のスポーツメディアに携わっているジャスティン・レイ氏も「過去30年間の全米オープンで、パーオンが10回以下にもかかわらず、ボギーなし、4アンダー以上を記録した選手」として、2004年のフレッド・ファンクに続き、松山が2人目であると報じた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集