[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バレー日本、2-0から第3セット以降失速→逆転負けの原因 主将・古賀紗理那「ちゃんと話しておけば…」【ネーションズリーグ】

バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会は13日、北九州市の西日本総合展示場で女子の予選ラウンド第3週が行われ、世界ランク6位の日本は同10位のカナダに2-3(25-23、25-22、20-25、21-25、14-16)で敗戦。残り5枠のパリ五輪出場権を懸けた今大会の通算成績を7勝3敗とし、6大会連続五輪出場の確定はお預けとなった。2-0からのまさかの逆転負けに、主将の古賀紗理那は試合を振り返った。

カナダ戦に出場した日本代表の古賀紗理那【写真:VNL提供】
カナダ戦に出場した日本代表の古賀紗理那【写真:VNL提供】

買取大吉 バレーボールネーションズリーグ2024福岡大会

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会は13日、北九州市の西日本総合展示場で女子の予選ラウンド第3週が行われ、世界ランク6位の日本は同10位のカナダに2-3(25-23、25-22、20-25、21-25、14-16)で敗戦。残り5枠のパリ五輪出場権を懸けた今大会の通算成績を7勝3敗とし、6大会連続五輪出場の確定はお預けとなった。2-0からのまさかの逆転負けに、主将の古賀紗理那は試合を振り返った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 1、2セットは接戦をものにして、パリ五輪確定まで「あと1セット」に迫った日本。しかし、第3セットから徐々にカナダの高さと圧力に屈し、20-25で落とすと、第4セットは21-25。接戦となった最終セットも14-16で大逆転負けを喫した。チーム最多20得点を挙げた古賀は「オフェンスのところで苦しんだ。サーブで攻めたかったけど、崩せずに向こうに好き放題に打たれた」と振り返った。

 第3セット以降で流れが変わった理由については「1、2セットは取ったけど、オフェンスでちょっとずつスパイクが100%で打てていないと、私を含めて感じがしていた。そこが修正したかったけど、修正できなかった」と分析。「それでも2セット目を取って、3セット目に修正したかったけど、修正できず、3、4セットを取られた」といい、上げてほしい時にトスが来ないなどコミュニケーション不足も明かした。

「ちゃんと話しておけば整理できるところを整理せず、その時その時で動いていしまうことがたくさんあった。試合中の修正ができていなかった。スタッフからの指示も欲しいし、選手同士でもしっかりと話さないといけなかった」と反省。それでも、15日のセルビア戦に向け「こういう時に気持ちが弱かったととらえる選手、スタッフがいると思う。気持ちはもちろん大切だけど、まずは私たちのことを整理する。コンビの精度などを整理して試合に入ることが大切」と切り替えた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集