[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

敵将も「止める術見つからなかった」と脱帽 ホーバス監督が「嬉しい」と称えた馬場雄大の“深化”

男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。馬場雄大(長崎)が両チーム最多の24得点と大暴れ。敵将が「止める術を見つけられなかった」と脱帽した活躍の裏には、トム・ホーバス監督が「本当に嬉しい」と称賛した“バスケットの深化”があった。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

中国戦、24得点をマークしたバスケ日本の馬場雄大【写真:(C)FIBA】
中国戦、24得点をマークしたバスケ日本の馬場雄大【写真:(C)FIBA】

FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1

 男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。馬場雄大(長崎)が両チーム最多の24得点と大暴れ。敵将が「止める術を見つけられなかった」と脱帽した活躍の裏には、トム・ホーバス監督が「本当に嬉しい」と称賛した“バスケットの深化”があった。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久真大)

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 変幻自在だった。前半だけで3本の3ポイント(P)シュートを沈めた馬場。後半は鋭いドライブで切り込み、中国ディフェンスを翻弄した。終わってみれば37分7秒の出場で両チーム最多の24得点。3Pは6本中4本を成功させ、4リバウンド、2アシスト、エフィシエンシー(EFF)は27を記録した。

 馬場は「最初は3Pを簡単に打てた状況で、『空いたら打つ』というメンタリティでいた。そのことによって、後半はかなり3Pを警戒してきたので、ペイントに空間を見つけて(ドライブした)。そこは自分の得意としているところ。守り方を見て、冷静に判断できた」と振り返った。千変万化の攻撃は、中国のアレクサンダル・ジョルジェビッチ監督に「彼を止める術を見つけられなかった」と言わしめたほどだった。

 試合後の会見で、ホーバス監督は隣に座った馬場への称賛を惜しまなかった。「右ドライブにそのまま行く選手だったが、ジャンプストップやジャンプストップスピン、3Pシュートなどいろいろ。あれは時間がかかる」。ここ1年ほど一緒に取り組んだ特訓を振り返り、「だから僕は、馬場がペイントアタック、ジャンプストップする時、すっごく嬉しい。よくなった、うまくなったと思う」と誇らしげに称えた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集