[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ日本に88年ぶり黒星で中国に落胆広がる 1万件超のコメント殺到「最後の1分は小学生以下」

男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。FIBA公式サイトによると、日本がアジア大会以上の国際大会で中国に勝利したのは1936年のベルリン五輪が最後。“88年ぶり”に日本に敗れた中国のファンからは嘆きの声が続出。試合後、すぐに1万件を超えるコメントが付く速報記事もあったほどだった。

バスケアジア杯予選、中国を下した日本【写真:(C)FIBA】
バスケアジア杯予選、中国を下した日本【写真:(C)FIBA】

アジア大会以上の国際大会で日本の中国戦勝利は1936年以来

 男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。FIBA公式サイトによると、日本がアジア大会以上の国際大会で中国に勝利したのは1936年のベルリン五輪が最後。“88年ぶり”に日本に敗れた中国のファンからは嘆きの声が続出。試合後、すぐに1万件を超えるコメントが付く速報記事もあったほどだった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 第1クォーター(Q)序盤は最大11点差をつけられる劣勢。しかし、井上宗一郎の3ポイント(P)シュートなどで猛反撃。第2Qはジョシュ・ホーキンソンらの奮闘で、前半は38-38で折り返した。後半は馬場雄大、河村勇輝らが要所で得点。リードしていた最終Q残り2分を切ったところで3点差に迫られたが、残り1分9秒でホーキンソンが比江島とのダブルチームでボールを奪い、そのまま豪快にダンク。接戦をものにした。

 アジアカップ最多16度の優勝を誇る中国。日本がアジア大会以上の国際大会で中国に勝利したのは1936年のベルリン五輪が最後。1975年のアジアカップで敗戦を喫して以降、この日まで18連敗中だった。中国でも敗北に嘆きの声が上がった。

 中国メディア「ジーボーバ」が「中国男子バスケットボールチームが3点差で日本に惜敗。88年ぶりに日本に敗れる」との見出しで記事を掲載すると、すぐに1万件を超えるコメントが殺到。「哀れなのは、日本にはまだ切り札があるのに、中国はカードを全て出していることだ」「中国のバスケは本当に日本に敵わなくなった。日本はNBAのスター選手が何人も参加していなかったのに」「日本は八村、渡邊、富永の3人がアメリカにいるのに」「日本と中国とどちらが勝てるか盛んに議論されていたけど、もうその議論も終わりだ」「日本に負けたことは受け入れるしかない。日本はこの数年、急速に強くなってきた」「あらゆるスポーツで、どんどんと日本に抜かれていく」と嘆きの声が多数書き込まれた。

 中には「最後の1分間のパフォーマンスは小学生以下!!解散だ!!」「最後の戦術はいったいなんだ?」「コーチの指揮で負けたようなものだ」「超級超級超級の恥辱」「監督もだめなら選手もだめ」「恥辱の歴史を刻んだ」などと辛辣なファンの声も。「日本に負けたことは全然不思議じゃない。前回のアジアカップでは、フィリピンの2軍に負けたじゃないか」「中国はもうあらゆる面で世界とかけはなれてしまった」と冷静な声もあった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集