[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング中谷潤人、王者を崩落させた衝撃TKOに海外記者もこぞって絶賛「あの右はえげつない」

ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われ、セミファイナルのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)1位・中谷潤人(M.T)が王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に6回1分12秒TKO勝ちした。日本人3人目の「全勝世界3階級制覇」を達成。海外メディアにも衝撃が走り、TKO直後にXで記者たちが反応。「あの右フックはえげつない」「これはキャリア最高のパフォーマンスだったかも」などと実力を絶賛していた。

WBC世界バンタム級、アレハンドロ・サンティアゴを下した中谷潤人【写真:山口比佐夫】
WBC世界バンタム級、アレハンドロ・サンティアゴを下した中谷潤人【写真:山口比佐夫】

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦

 ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われ、セミファイナルのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)1位・中谷潤人(M.T)が王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に6回1分12秒TKO勝ちした。日本人3人目の「全勝世界3階級制覇」を達成。海外メディアにも衝撃が走り、TKO直後にXで記者たちが反応。「あの右フックはえげつない」「これはキャリア最高のパフォーマンスだったかも」などと実力を絶賛していた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 次代の最強との呼び声高い中谷が、また圧巻の実力を見せた。序盤から優位な展開で進め、決着は6回だ。遠距離から強烈なワンツーをサンティアゴに突き刺し、ダウンを先取。再開後も猛ラッシュで2つ目のダウン奪取した。なすすべなく崩れ落ちた王者とは対照的に、中谷は歓喜の表情を見せた。

 昨年5月、米ラスベガスでアンドリュー・マロニー(オーストラリア)に12回TKO勝ちで世界に衝撃を与え、WBO世界スーパーフライ級王座を獲得。世界で最も権威のある米専門誌「ザ・リング」など、海外の各メディアで「年間最優秀KO賞」に選出され、世界的評価を高めていた中谷。今回の鮮やかな勝利にも、X上で海外記者たちが反応した。

 本場・米国のボクシング専門誌「ザ・リング」で格付け評議員を務めるアダム・アブラモウィッツ氏は「ジュントは凄まじいボクサーだ。階級を上げて、最小限の戦いでチャンピオンを倒した。印象的なストップを収めた。素晴らしい」と絶賛。別の投稿でも「あの右フックはえげつなかった」と強烈な一発に舌を巻いていた。

 さらには米スポーツ専門局「ESPN」のマイク・コッピンガー記者が「118ポンド(バンタム級)で誰かがナカタニを破るのを見るのは難しい」ともはや敵なしと表現すれば、リング誌のトム・グレイ記者も「ナカタニは極めて良かった。これはキャリア最高のパフォーマンスだったかもしれない。サンティアゴは少々のパンチを決めたが、完全に支配されていた。華麗なフィニッシュだった」と王者相手の鮮やかな勝利を称えた。

 1909年創刊の英専門誌「ボクシングニュース」も公式X(旧ツイッター)で結果を速報。「ジュント・ナカタニがアレハンドロ・サンティアゴに衝撃的な6回KO勝利」と伝えた。WBCは「WBC世界バンタム王者:ジュント・ナカタニ! 挑戦者が偉大なパフォーマンスでメキシコ人王者にKO勝利!」と伝え、米興行大手・トップランク社公式Xも「ハイライト製造キングだ」と見どころ十分の一戦を称賛した。

 戦績は26歳の中谷が27勝(20KO)、初防衛戦の28歳・サンティアゴが28勝(14KO)4敗5分け。次代の26歳最強ボクサーが、転級初戦で日本人にとって馴染み深いWBCのバンタム級王座を日本に取り戻した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集