[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「王芸迪どうした、陳夢は引退だ」 日本にあわや不覚の中国に悲観論噴出、世界1・2・3位でも「このままではパリ五輪が…」

世界卓球団体戦(韓国・釜山)は24日、女子決勝が行われ、日本が5連覇中の絶対女王・中国と対戦し、53年ぶりの世界一まであと1勝に迫りながら逆転で2-3で敗れた。5大会連続の銀メダルとなった。金メダルは中国、銅メダルはフランスと香港が獲得した。日本に追い詰められた中国の国内は「このままではパリ五輪が心配だ」と悲観論が噴出している。

世界卓球、団体戦6連覇を達成した中国女子【写真:ロイター】
世界卓球、団体戦6連覇を達成した中国女子【写真:ロイター】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(韓国・釜山)は24日、女子決勝が行われ、日本が5連覇中の絶対女王・中国と対戦し、53年ぶりの世界一まであと1勝に迫りながら逆転で2-3で敗れた。5大会連続の銀メダルとなった。金メダルは中国、銅メダルはフランスと香港が獲得した。日本に追い詰められた中国の国内は「このままではパリ五輪が心配だ」と悲観論が噴出している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 第1試合で15歳の張本美和が世界ランク1位・孫穎莎にストレート負けを喫したものの、第2試合で早田ひなが東京五輪金メダリストの世界ランク3位・陳夢を3-1で撃破。さらに平野美宇も王芸迪をストレートで破り、優勝まであと1勝に迫った。ただ、第4試合で早田が孫穎莎とのエース対決をストレートで落とすと、すべてをかけた第5試合は張本が陳夢に第1ゲームを先取。2、3ゲームを落とし、迎えた第4ゲームも接戦となったが、最後は力尽きた。

 6連覇を達成したものの、世界1、2、3位を擁しながら中国はヒヤヒヤの優勝。中国版SNS「WEIBO」にはさまざまな反応が見られた。「スリル満点の世界卓球だった。こんなに刺激的な卓球の試合はしばらく見たことがなかった」「本当に危なかった」「見ていて冷や汗たらたらだった。本当に緊張した」「手に汗握る試合で、疲れた。でも、刺激的で面白かった」「心臓に悪かった」と寿命が縮んだ様子だ。

 世界1位の孫頴莎が貫録の2勝を挙げ、「すべて孫頴莎におんぶにだっこだった。世界ランキング1位だけのことはある。男子も世界ランキング1位の活躍がなければ負けていた」「孫頴莎は安定していた」「命を救われた」「途中でもう勝てないかもしれない、と心の準備をした。孫頴莎、本当にありがとう」と称賛と感謝が相次いだ。

 一方で、平野にストレート負けを喫した王芸迪、早田に完敗した陳夢には心配する声が噴出。「王芸迪はどうしたんだ。頭が働いていない感じだった」「王芸迪は本当にごくごく普通の選手だし、陳夢は安定感がない。どうして王曼昱が出ないのか???」「陳夢は引退だろう。スピードが若い選手に追いついていない。このままでは、世界の女子卓球の激しい競争についていけない。このままではパリ五輪が心配だ」「女子は陳夢、男子は馬龍がベテランすぎる」と悲観論も相次いだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集