[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「はい、2008年生まれの15歳です」 年齢も疑いたくなる張本美和の大逆転を早田ひな絶賛「人間じゃない」【世界卓球】

世界卓球団体戦は23日、女子準決勝が行われ、日本が香港を3-0で下して決勝進出。53年ぶり世界一をかけ、24日の決勝で絶対女王・中国との対戦が決まった。とりわけ、第1試合に登場した15歳の張本美和は0-2とリードされながらエース・杜凱琹を大逆転で下し、チームを勢いに乗せた。15歳とは思えぬ精神力を発揮したが、試合後のインタビューでは「はい、2008年生まれの15歳です」とアピールした。

世界卓球、香港戦に出場した張本美和【写真:ロイター】
世界卓球、香港戦に出場した張本美和【写真:ロイター】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦は23日、女子準決勝が行われ、日本が香港を3-0で下して決勝進出。53年ぶり世界一をかけ、24日の決勝で絶対女王・中国との対戦が決まった。とりわけ、第1試合に登場した15歳の張本美和は0-2とリードされながらエース・杜凱琹を大逆転で下し、チームを勢いに乗せた。15歳とは思えぬ精神力を発揮したが、試合後のインタビューでは「はい、2008年生まれの15歳です」とアピールした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 今大会初めて第1試合に登場した張本は序盤硬さが見られ、香港のエース・杜凱琹に対して2ゲームを先取された。しかし、控えの伊藤美誠のアドバイスも受けながら徐々に本領を発揮。2ゲームを奪い返すと、最終ゲームは強烈なバックストレートを決めるなど崖っぷちで圧倒した。勝利を決めた途端、ほっとしたような安堵の笑みがこぼれ、15歳らしさを唯一感じさせた。

 中継局のインタビューで福澤朗アナウンサーから「凄まじい逆転劇。素晴らしい修正力。あなたは本当に15歳ですか?」と問われた張本は「はい、2008年生まれの15歳です」とにっこり。「めちゃめちゃ緊張しました。今大会で一番」と言いながら「これまで自分が試合に出たのは全部2番手だったので、自分は後が好きで、1番でちょっと緊張があって出だしは悪かったけど、最後はしっかり調整して勝つことができて良かった」と話した。

 続いてインタビューを受けたエースの早田ひなからは「張本選手が勝って1-0で回してくれた」と感謝され、「これだけで大舞台で結果を出せるのが凄い。格上の選手に0-2から負けていて、3ゲームを取り返す。普通はできない。人間じゃないんじゃないか」とも言われた。本人は「いやあ、人間なんですけどねえ……」とまたにっこりと笑い、「毎試合やらせていただく試合で成長させてもらっている」と語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集