[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「俺がKOしたいからKOで勝つ」 世界最速4階級制覇へ田中恒成が威圧「ダウン経験0とか関係ない」

ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われる。23日は都内で前日計量が行われ、WBO世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)王座決定戦に臨む同級1位・田中恒成(畑中)が52.0キロ、同級2位クリスチャン・バカセグア(メキシコ)も52.0キロで一発パス。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信される。戦績は28歳の田中が19勝(11KO)1敗、26歳で世界初挑戦のバカセグアが22勝(9KO)4敗2分け。

前日計量に登場した田中恒成【写真:浜田洋平】
前日計量に登場した田中恒成【写真:浜田洋平】

Amazon プライム・ビデオで生配信

 ボクシングのトリプル世界戦が24日、東京・両国国技館で行われる。23日は都内で前日計量が行われ、WBO世界スーパーフライ級(52.1キロ以下)王座決定戦に臨む同級1位・田中恒成(畑中)が52.0キロ、同級2位クリスチャン・バカセグア(メキシコ)も52.0キロで一発パス。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信される。戦績は28歳の田中が19勝(11KO)1敗、26歳で世界初挑戦のバカセグアが22勝(9KO)4敗2分け。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 相手と対面した田中は1歩前に踏み出した。向かい合って睨み合うフェイスオフ。顔を3センチほどの距離に近づけ、早くも威圧した。理由を問われても「別に、特に」とポツリ。「フェイスオフはあんなもんでしょ」。事もなげに言ってのけたが、3年2か月ぶりの世界戦には胸が高鳴らずにはいられない。

「3年間待ったので、やっと来た感じがある。コンディションはバッチリ。この日に懸けて準備してきた。3年前はできなかったことなので、リベンジの想いもある。ただ、相手が違うので一緒の気持ちかというと違います。これだけ世界王者じゃない期間も初めて。やっと世界戦ができる」

 2020年大晦日にWBO同級王者だった井岡一翔(志成)に8回TKO負けした後は再起後4連勝。再び4階級制覇挑戦までこぎつけた。トレーナーも父・斉氏から変更。井岡戦以降は防御を磨いてきた。

 向かい合った相手の印象は「見た感じ頑張る選手」と吐露。「たくさんスパー、練習をしてきた感じがあった。しかも打たれ強い。激しい試合になる」と予告した。両国国技館はアマチュアの兄・亮明が21年東京五輪フライ級で銅メダルを獲得した場所。テレビで見守った田中は「兄弟には忘れられない場所になると思う。メダルは『こんなに重いんだ』って思いましたね」。今度は自分がベルトを提げる番だ。

 目標は4階級制覇と4団体統一。WBA王座を持つ井岡も当然ターゲットに入る。4階級制覇なら井岡、井上尚弥に続く日本人3人目。しかも、元世界6階級制覇王者オスカー・デラホーヤ(米国)の24戦を上回る史上最速21戦目での達成だ。「相手が打たれ強いとか、ダウンをしたことがないとか関係なく、俺がKOしたいからKOで勝ちたい」。仕留めに行く覚悟を見せた。

○…興行は「Prime Video presents Live Boxing」の第7弾として行われる。メインイベントでは、WBA世界バンタム級王者・井上拓真(大橋)が同級9位ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)と初防衛戦。元世界2階級制覇王者・中谷潤人(M.T)が、WBC世界バンタム級王者アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に挑戦する。バンタム級8回戦では、ジョナス・スルタン(フィリピン)と日本同級3位・増田陸(帝拳)が対戦する。この日はそれぞれ計量をパスした。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集