[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中国の世界1位に脅威を与えた16歳松島輝空 中国メディア驚愕「コーチ、協会主席も冷や汗」【世界卓球】

世界卓球団体戦(韓国・釜山)は22日、男子準々決勝が行われ、チーム世界ランク3位の日本が同1位の10連覇中の王者・中国に0-3で敗れ、2大会連続のメダル獲得はならなかった。しかし、第1試合は初出場となった世界ランク33位の16歳・松島輝空が、同1位・樊振東から第1ゲーム(G)を先取するなど大善戦。中国メディアは「コーチ、協会主席も冷や汗」と驚愕している。

世界卓球に出場している松島輝空【写真:Getty Images】
世界卓球に出場している松島輝空【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(韓国・釜山)は22日、男子準々決勝が行われ、チーム世界ランク3位の日本が同1位の10連覇中の王者・中国に0-3で敗れ、2大会連続のメダル獲得はならなかった。しかし、第1試合は初出場となった世界ランク33位の16歳・松島輝空が、同1位・樊振東から第1ゲーム(G)を先取するなど大善戦。中国メディアは「コーチ、協会主席も冷や汗」と驚愕している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 松島は東京五輪、昨年世界選手権シングルスを制した絶対王者にくらいついた。第1Gは7-10からデュースに持ち込み、バックドライブで12-11で逆転。続けてチキータで第1Gを獲り切った。第2Gは3-8から連続スマッシュで後退させられたが、ロビングでしのぐとカウンターで応戦。ポイントを獲り切り、場内は拍手喝采だ。

 6-10からまたも追いついてみせたが、10-12でゲームカウント1-1に。第3Gは9-6から逆転を許すと、デュースに持ち込んだ末に10-12。第4Gも一進一退の攻防で中盤まで1点差でくらいついたものの6-11。ゲームカウント1-3で屈した。

 第2試合は同9位・張本智和が同2位・王楚欽に、第3試合は同74位・篠塚大登が同3位・馬龍にともに1-3で敗戦。前回22年の銅に続く2大会連続のメダルはならなかったが、中国専門メディア「卓球ネット」は一矢報いた16歳の逸材に注目せずにはいられなかったようだ。「樊振東が3-1、逆転で日本の16歳の天才を破る。王皓コーチ、劉国梁・卓球協会主席も冷や汗」との見出しで報じた。

「試合前から困難が予想されたが、日本の天才がここまで懸命に樊振東に挑むとは想像できなかった」と驚きを表現。「第1ゲームは非常に非常に激烈な戦いになり、驚くべきことに樊振東がゲームを落とした。第1ゲームは肝心だし、当初は樊振東がゲームポイントを握ったというのに。松島が見せたのは、怖れるもののない者による後を顧みない猛烈な攻撃だった」と伝えた。

 第2Gも「また予想外の展開」と説明。絶対王者がゲームポイントから追い上げられ、タイムを取ったことを伝えた。「ところがこのタイムの後に更なる危機が訪れ、両者は10-10まで競り合うこととなった」と記している。樊振東について「その後奇跡的に大逆転を遂げた」「第1Gから第3Gは実に刺激的。松島には何も背負うものはなく、懸命に樊振東に挑みかかった」と脅威を与えたことを伝えている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集