[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「朝7時に君たちと話したくない」 368億円男レンドン、初日に語った仕事観と米メディアへの皮肉

米大リーグのエンゼルスで5年目を迎えたアンソニー・レンドン内野手は、負傷続きで2019年オフに結んだ7年総額2億4500万ドル(約368億円)という期待に応えられずにいる。19日(日本時間20日)の春季キャンプ初日に報道陣の取材に応じ「野球は仕事」「最優先事項ではない」と、自らの信条を口にしている。

エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:ロイター】
エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:ロイター】

報道陣に語った「生計を立てるためにやっている」

 米大リーグのエンゼルスで5年目を迎えたアンソニー・レンドン内野手は、負傷続きで2019年オフに結んだ7年総額2億4500万ドル(約368億円)という期待に応えられずにいる。19日(日本時間20日)の春季キャンプ初日に報道陣の取材に応じ「野球は仕事」「最優先事項ではない」と、自らの信条を口にしている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」が報じている。「月曜日、エンゼルスのキャンプでの取材後に記者らに語った中で、彼は一つのことをはっきりと明言した」という記事を掲載した。

 この中でレンドンは「私にとってそれ(野球)は最優先事項ではなかった」「これは仕事だ。私は生計を立てるためにやっている。この仕事よりも、私の信じているものや家族が第一だ」と語ったと伝えられている。

 レンドンはナショナルズ時代の2019年にナ・リーグ打点王に輝き、同年オフにエンゼルスへFA移籍。ただ2021年以降は故障を繰り返し、本領を発揮できていない。昨季はキャリア最少となる43試合の出場にとどまり、打率.236、2本塁打、22打点。エンゼルスでの4年間では計200試合に出ただけで、22本塁打に終わっている。

 記事はレンドンを「かなり皮肉的でメディアと話すことはめったにない」と紹介。その上でレンドンの「朝7時に君たちと話したくない。あるいは何時でもだ」という記者に向けた言葉を紹介した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集