[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹が6億円ゲット、米9勝目の優勝賞金にネット衝撃「スケールが違う」「夢のある世界」

米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、米カリフォルニア州のリビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。約2年ぶりの優勝で獲得した賞金は400万ドル(約6億円)。文字通り“桁が違う”金額に、ネット上の日本人ファンからは「凄すぎ」「スケールが違うわ」といった驚きの声が上がっている。

優勝トロフィーを掲げて笑顔をみせる松山英樹【写真:ロイター】
優勝トロフィーを掲げて笑顔をみせる松山英樹【写真:ロイター】

格上げ大会となったジェネシス招待でV

 米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、米カリフォルニア州のリビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。約2年ぶりの優勝で獲得した賞金は400万ドル(約6億円)。文字通り“桁が違う”金額に、ネット上の日本人ファンからは「凄すぎ」「スケールが違うわ」といった驚きの声が上がっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 鮮やかな大逆転劇だった。出だしの1番パー5はティーショットこそやや右に曲げたが、しっかりバーディー発進。3番まで3連続バーディーで追撃態勢を整えると、後半も10番からまたも3連続バーディーでスコアを伸ばして首位争いに顔を出した。15番パー4からこの日3度目となる3連続バーディーで一気にトップに浮上。ボギーなしと安定感もあり、62のビッグスコアでホールアウト。後続の追い上げをしのいだ。

 今大会は「シクネチャー・イベント」と呼ばれる年間8試合の高額賞金、高ポイントの一つで、優勝賞金が昨年の360万ドル(約5億4000万円)から400万ドルにアップ。そんな大会での優勝にX(旧ツイッター)上の日本人ファンも驚いている。

「スケールが違うわ」
「優勝賞金6億って国内ツアーの20~30勝分の価値があるなw」
「星野のカタールマスターズの優勝賞金が6300万 アメリカツアーが10倍だ」
「久々の優勝がPGAポイント、賞金額ともバカ高いシグネチャー大会というのが強い!」
「賞金もデカい大会なんだよなぁ(羨)」
「夢のある世界」
「凄すぎワロタ」

 松山は今回の優勝で年間総合ポイント(フェデックスポイント)ランキングも54位から一気に3位に浮上。世界ランクも55位から20位に浮上した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集